WiMAX ルーター比較

【徹底比較】WX05とL01sはどちらを選ぶべきか?完全決着をつける!

投稿日:

「WX05」は持ち運び可能なモバイルルーター、「L01s」は自宅専用のホームルーターです。

それぞれ役割が違うようにみえますが「WX05」を自宅で使うこともできるので、どちらを選ぶべきか迷う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「WX05」と「L01s」のそれぞれの特徴を確認して比較し、それぞれが向いているタイプまでまとめます。

一読していただければ「WX05」と「L01s」のどちらにすべきか判断もつくはず!参考にしてください。

WX05の特徴 | スペックとメリット

製品名 Speed Wi-Fi NEXT WX05
製造日 2018年11月8日
製造元 NECプラットフォームズ株式会社
通信速度 【下り】
440Mbps
【上り】
30Mbps
75Mbps(LTE利用時)
サイズ 約111×62×13.3mm
質量 約128g
バッテリー使用時間
(ハイスピード)
ハイパフォーマンス:約8.1時間
スタンダード:約11.5時間
エコ:約14時間
エコ(Bluetooth®接続時):約18時間
機能 WiMAXハイパワー
ビームフォーミング対応
スケジューアル機能搭載
ワンタイム通信モード切り替え
Wi-Fiビジュアルステータス

まずはWX05の特徴の確認から!ポイントは以下のとおり。

  • 自宅でも外でも使えるモバイルルーター
  • WiMAX単独でも440Mbpsの通信速度
  • 最大出力で8.1時間持つバッテリー性能
  • 通信安定性を高める機能が豊富にある

一つずつ解説します。

自宅でも外でも使えるモバイルルーター

WX05はNECプラットフォームズ社が製造する持ち運びモバイルルーターの最新機種です。

モバイルルーターは外用のイメージがありますが、エリア内であれば通信速度が十分にでるので自宅用の回線として使用することもできます。

実際に僕はモバイルルーターで自宅+外のネット通信を全て賄っています。

WiMAX単独でも440Mbpsの通信速度

WX05は下り最大440Mbpsと高速なモバイルルーターです。

ネットを使う中でトップクラスにデータ通信量が多いのは「動画」ですが、YouTube・Netflixは下り速度5Mbpsもあれば最高画質での視聴が可能です。つまり、下り最大440Mbpsは普通にネットを使うのには十分すぎる速度がある!

外用としてだけでなく自宅用としても十分に使える通信速度があります。

最大出力で8.1時間持つバッテリー性能

WX05は大容量バッテリーを積んでいることに特徴があります。

元々NECプラットフォームズ社が製造する「WX」のルーターは、バッテリー持続時間に特徴があり、一個前のWX04もバッテリーの持続時間に定評がありました。その最新機種であるWX05は現行ルーター中で最も長いバッテリー持続時間を誇っています。

ルーター選びにおいてバッテリー性能を最も重視するなら非常に最適な機種だといえます。

通信安定性を高める機能が豊富にある

WX05には通信安定性を高める機能が複数搭載されています。

  • Wi-Fiハイパワー・・・電波が入りにくい所でも20%速度改善
  • ビームフォーミング・・・ルーターとスマホ・パソコンなどの間の電波の無駄をなくす
  • クレードルのWウイングアンテナ・・・クレードルに両サイドに通信強化用アンテナ

これらの機能により建物内などでの通信性能が向上しています。

L01sの特徴 | スペックとメリット

端末名 Speed Wi-Fi HOME L01s
通信速度 【下り】
440Mbps
【上り】
30Mbps
サイズ 約W130×H55×D12.6mm
質量 約450g
バッテリー コンセントのためバッテリーなし
最大同時接続数 計42台
無線LAN規格 EEE802.11ac/n/a(5GHz帯)
11n/g/b(2.4GHz帯)
※2.4GHz/5GHzは同時利用可能

続いてL01sの特徴です。メリットは以下のとおり。

  • 完全宅内専用のホームルーター
  • Wi-Fiの電波が遠くに届く
  • 複数機器の同時接続に強い
  • バッテリー劣化の心配がない

それでは確認していきます。

完全宅内専用のホームルーター

L01sは完全に宅内用のホームルーターです。

モバイルルーターは外+宅内の両面で使えるのに対してホームルーターは宅内のみでの利用に特化したモデルとなっています。

よって宅内で力を発揮する特徴が数多くあります。

Wi-Fiの電波が遠くに届く

L01sはモバイルルーターと比べてWi-Fiの電波が強化されています。

ルーターからWi-Fiを飛ばす性能が高いためルーターとスマホ・パソコンの間に距離があっても繋がりやすくなりました。

これによりルーターとスマホ・パソコンなどの機器を離れた部屋に置いて使うときにもスムーズな通信が可能です。

複数機器の同時接続に強い

複数の機器を同時接続しても速度が落ちにくいのも特徴です。

L01sは2つの周波数2.4GHz・5GHzがあり、それぞれの周波数で最大20台の同時接続ができます。また、有線LANポートも2つあって無線と一緒に使うこともできるため最大42台の機器で同時接続できます。

複数人で同時にネットを使っても速度低下しにくく安定した通信ができます。

バッテリー劣化の心配がない

L01sはコンセント式のためバッテリーの劣化を気にする必要がありません。

バッテリー式のモバイルルーターの場合、2年以上使うとバッテリーが劣化して電池の消耗が早まったり、バッテリー自体が物理的にパンパンに膨らんでしまうことがあり、そうなると交換が必要です。

そもそもバッテリーがないL01sにはバッテリーの消耗リスクが最初からありません。長年そのまま使い続けられます。

【比較まとめ/判断】W05とL01sのどっちが選ぶべき?

端末名 Speed Wi-Fi NEXT WX05 Speed Wi-Fi HOME L01s
通信速度 【下り】
440Mbps
【上り】
30Mbps
75Mbps(LTE利用時)
【下り】
440Mbps
【上り】
30Mbps
サイズ 約111×62×13.3mm 約W130×H55×D12.6mm
質量 約128g 約450g
バッテリー 【ハイスピード】
ハイパフォーマンス:約8.1時間
スタンダード:約11.5時間
エコ:約14時間
エコ(Bluetooth®接続時):約18時間
コンセントのためバッテリーなし
無線LAN規格 IEEE802.11a/n/ac(5GHz)
IEEE802.11b/g/n(2.4Ghz)
EEE802.11ac/n/a(5GHz帯)
11n/g/b(2.4GHz帯)
※2.4GHz/5GHzは同時利用可能
メリット 自宅・外でも両方で使える
WiMAX単独でも440Mbpsの通信速度
最大出力で8.1時間持つバッテリー性能
通信安定性を高める機能が豊富にある
完全宅内専用のホームルーター
Wi-Fiの電波が遠くに届く
複数機器の同時接続に強い
バッテリー劣化の心配がない

WX05は「外でも自宅でも使える」「バッテリー性能」が主なポイントなのに対し、L01sは「Wi-Fiが遠くに届く」「同時接続に強い」などのホームルーターならではの強みがあります。

どっちを選ぶべきかはどちらのメリットに魅力を感じるか?次第ですが、L01sの「Wi-Fiが遠くに届く」「同時接続に強い」などのホームルルーターらしい強みは一人暮らしでワンルーム住まいだとオーバースペック気味で効果はそれほどありません。

そこを踏まえるとおすすめの基準は以下のようになります。

  • L01s・・・複数人・複数部屋に住んでいるなら
  • WX05・・ワンルーム・一人暮らしなら

ワンルーム一人暮らしだとL01sの強みはそれほどプラスとはならないため、それなら「外でも自宅でも使える」WX05の方がメリットがあるのではないかと思います。

WX05とL01sの比較は以上です!

-WiMAX, ルーター比較

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.