WiMAX ルーター比較

WX05とWX04の違いは?変わった点を比較で明らかにする!

投稿日:

「WX05」は「WX04」の後継機として2018年11月8日から発売されたWiMAXのモバイルルーターです。

新しい方の「WX05」の方が性能的に向上しているのは当然ですが、大切なのは何がどれだけ進化しているのかという違いですよね。

そこでこの記事では「WX05」と「WX04」を比較して違いを明確にします。

一読すれば「WX05」に乗り換えるべきか?などの判断もつくはず!参考にしてください。

【総評】WX04→WX05で基本性能はほぼ同じだが機能面で追加あり

WX04→WX05は機能面でいくつかの追加やアップデートがありますが、基本性能はほとんど変わりません。

機能的にはWX04から搭載された「ワンタイムHS+A」がさらにアップデートされているのをはじめ、通信安定性が高まる「Wi-Fiハイパワー」や電波の混雑に対応できる「Wi-Fiビジュアルステータス」などの新機能が追加されてます。

一方、ルーター端末の基本性能となる通信速度・バッテリー性能・外観はWX04→WX05で性能アップはほとんどない。バッテリー性能がほんの少しだけ向上している程度です。

そのため、WX04にいくつか新機能を新たに付け足したのがWX05という理解でOK。次の項目で追加された機能を解説していきます。

 WX04→WX05で変わった機能面

WX05になって追加されたのは下記3つの機能です。

  • WiMAXハイパワー
  • ワンタイム通信モード切り替え
  • Wi-Fiビジュアルステータス

一つずつ詳しくみていきましょう。

WiMAXハイパワー

WiMAXハイパワーは、電波が入りにくい場所でもパワーを上げて速度を20%改善させる機能です。

この機能の分、WX05は屋内や電波が弱いエリアでもより繋がりやすくなった!

ワンタイム通信モード切り替え

「ワンタイム通信モード切り替え機能」はWX04に搭載されている「ワンタイムHS+A(ハイスピードエリア)」をアップデートした機能です。

WX04搭載の「ワンタイムHS+A」はルーターの電源をオフにしたり、無通信状態が10分続くと自動的にハイスピードエリアモードが解除される機能でしたが、WX05の「ワンタイム通信モード切り替え機能」には、あらかじめ設定しておいた通信量に到達すると自動的にハイスピードエリアが解除される設定も追加されました。

LTEを使うハイスピードプラスエリアモードは7GBを超えると強烈な通信制限がかかるのが大きなリスクです。しかし、WX05でアップデートされたこの機能を活かせば動画を見ている間にうっかり7GB超えていた!ということも防げます。

Wi-Fiビジュアルステータス

周辺のWi-Fiの混雑状況をグラフで表示して空いているチャネルに切り替えができる機能です。

電波が混雑してスピードが落ちた時にもチャネルを切り替えてパフォーマンスを改善できます。

WX04とWX05を徹底比較する

WX05になって変化した部分を紹介しましたが、ここからは改めて「WX04」と「WX05」の全項目を比較していきます。

端末 WX04 WX05
通信速度 【下り】
440Mbps
【上り】
30Mbps
75Mbps(LTE利用時)
【下り】
440Mbps
【上り】
30Mbps
75Mbps(LTE利用時)
バッテリー
(ハイスピード)
ハイパフォーマンス:約8時間
ノーマル:11.5時間
エコ:約13.8時間
エコ(Bluetooth®):約16.6時間
ハイパフォーマンス:約8.1時間
ノーマル:約11.5時間
エコ:約14時間
エコ(Bluetooth®):約18時間
外観 W111×H62×D13.3mm W111×H62×D13.3mm
機能 ビームフォーミング対応
スケジュール機能搭載
ワンタイムHS +Aボタン
WiMAXハイパワー
ビームフォーミング対応
スケジューアル機能搭載
ワンタイム通信モード切り替え
Wi-Fiビジュアルステータス
外部機器 クレードルあり クレードルあり

モバイルルーターに大切なのは以下5項目です。

▼比較する5項目

  • 通信速度
  • バッテリー
  • 外観(ハード)
  • 機能(ソフト)
  • 外部機器/クレードル

それぞれ一つずつ比較を詳しくみていきましょう。

【通信速度】WX04とWX05は全く変わらない!

端末 WX04 WX05
通信速度 【下り】
440Mbps
【上り】
30Mbps
75Mbps(LTE利用時)
【下り】
440Mbps
【上り】
30Mbps
75Mbps(LTE利用時)

WX05とWX04の通信速度は全く同じ。通信速度はWX05になっても性能アップがなかった項目です。

まあ、下り440Mbpsもあれば普通にネットをするのに必要な速度としては十二分にあります。

【バッテリー】WX05のバッテリーは少しだけ性能アップしているけど・・・

端末 WX04 WX05
ハイスピード ハイパフォーマンス:約8時間
ノーマル:11.5時間
エコ:約13.8時間
エコ(Bluetooth®):約16.6時間
ハイパフォーマンス:約8.1時間
ノーマル:約11.5時間
エコ:約14時間
エコ(Bluetooth®):約18時間
ハイスピード
プラスエリア
ハイパフォーマンス:約8時間
ノーマル:約10.5時間
エコ:約13時間
エコ(Bluetooth®)::約15.5時間
ハイパフォーマンス:約8時間
ノーマル:約10.5時間
エコ:約13.3時間
エコ(Bluetooth®):約16.8時間

WX05のバッテリー性能は少しだけ向上しています。

ただハイパフォーマンス(ハイスピード)で見比べるとWX04が8時間でWX05が8.1時間・・・・あまりに「少しだけ」すぎる!

この程度の性能差だと実際に使っても違いはわからないはずです。なので、バッテリー性能も実質的にはほとんど変わらないと捉えていいと思います。

【外観】サイズはまったく同じ!色が違うだけといって良し

WX04とWX05の縦横の長さと端末の厚さは丸っきり同じ!デザイン的にも大きな変更はありません。

WX04が「ホワイト・ブルー」の2色なのに対し、WX05が「ホワイト・レッド」という端末の取り扱いカラーが違うことが最も大きな差異となります。

【機能】WX05には新機能が3つある

WX04

  • ビームフォーミング対応
  • ワンタイムHS +Aボタン
  • スケジュール機能搭載

WX05

  • WiMAXハイパワー
  • ビームフォーミング対応
  • スケジューアル機能搭載
  • ワンタイム通信モード切り替え
  • Wi-Fiビジュアルステータス

WX05から追加・アップデートされたのは赤字の3機能です。

今回のWX04からWX05へ変化の中で唯一アップデートらしい違いがみられます。

【外部機器】両方ともクレードルアンテナがあり!

クレードルもWX04とWX05でほとんど変わりなし。

WX05にも「WXシリーズ」のクレードルで好評なアンテナがついていますね。

WX04とWX05の徹底比較まとめ

端末 WX04 WX05
通信速度 【下り】
440Mbps
【上り】
30Mbps
75Mbps(LTE利用時)
【下り】
440Mbps
【上り】
30Mbps
75Mbps(LTE利用時)
バッテリー
(ハイスピード)
ハイパフォーマンス:約8時間
ノーマル:11.5時間
エコ:約13.8時間
エコ(Bluetooth®):約16.6時間
ハイパフォーマンス:約8.1時間
ノーマル:約11.5時間
エコ:約14時間
エコ(Bluetooth®):約18時間
外観 W111×H62×D13.3mm W111×H62×D13.3mm
機能 ビームフォーミング対応
スケジュール機能搭載
ワンタイムHS +Aボタン
WiMAXハイパワー
ビームフォーミング対応
スケジューアル機能搭載
ワンタイム通信モード切り替え
Wi-Fiビジュアルステータス
外部機器 クレードルあり クレードルあり

WX04とWX05の比較をとおしてWX05の変わった部分がはっきりと掴めたのではないでしょうか?

総評として「WX05は3つの機能が追加されただけ」と書いていますが、そうはいってもWX05がWX04に劣る部分はないため、新契約するなら当然WX05にするべきですよ。そこは勘違いしないでください!

サイト内では他のルーターを評価した記事もあります。色々と参考にして自分にぴったりなルーター選びに役立ててください!

-WiMAX, ルーター比較

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.