WiMAX

WiMAX2+は詐欺だ!といわれる理由。その真相を暴く。

更新日:

ネット上には「WiMAX2+は詐欺だ」という評判があります。

WiMAXどうなんだ?と調べているときにこんな評判があると不安になりますよね。

実は、この「WiMAX2+は詐欺」という悪評は根拠のない話ではないんです。以前WiMAXがやらかしたことに原因があります。火のないところに煙は立たず・・・

そこで今回はWiMAX2+は詐欺なのか問題について解説します。

なぜ詐欺などという風評があるのか?原因を知り、きちんと不安を潰してから契約の要否は判断しましょう。

WiMAX2+が詐欺といわれた理由

WiMAX2+は詐欺という噂があるのは、2015年のUQWiMAX誇大広告事件が原因です。

WiMAX2+の広告が発端

2015年当時、WiMAX2+は上のような広告を出していました。

「ギガ放題は月間データ量無制限なし」とデカデカと強調されています。

ですが、当時のWiMAX2+は月単位の通信量に上限はないものの、3日3GBを超えで速度制限がかかる短期の上限はありました。(現在は3日10GBです)

広告をみて契約した多くのお客さんは、まさか3日3GBを超えると速度制限がかかると思わず契約した方ばかりだったので「騙された!詐欺だ!」と大ブーイングになりました。

通信系の広告にはこれくらいの表現は昔からありましたが、このときは旧回線のWiMAXにデータ通信量の制限がなかったことや、3日3GBの制限がWiMAX2+のスタート後、少し経過してから導入されたこと(最初からアナウンスはあった)も重なり大規模な誤解が生まれました。

また、WiMAX2+の解約金も「詐欺や!解約じゃ!」→「解約金だと!ふざけんなゴラアア! 」と激化の要因になりました。

大炎上に発展した

消費者の不満はSNSなどを介して広がり、ネット上には抗議するサイトも複数現れ、「WiMAX2+は詐欺だ!」と大炎上に発展しました。

当時のネットの意見は辛辣です・・・

UQWiMAXへの抗議は集団訴訟になり、テレビ番組に取り上げらることもありました。

この時期に「WiMAXは詐欺!」という風評が広がっています。

しかし、UQの肩を持つわけではありませんが「テキトーに理解せず契約する方も問題」という意見もありましたよ。利用規約とか契約書には書いてありましたからね。

とはいえ、多くの方が勘違いしたUQの広告がやり過ぎだったのは間違いないでしょう。

UQから謝罪と対応が発表される

消費者からの抗議を受け、WiMAX2+の通信設備を有するUQコミュニケーションズは広告表記の見直しなどの対応を発表します。

▼【公式】「3日間で3GB」制限に関する今後の対応について

*一部を抜粋

このような経緯で「3日間で3GB」による制限の運用を開始致しましたが、運用開始後、お客様から広告表現等について数多くのご意見ご要望を頂きました。頂戴したご意見ご要望を真摯に受け止め、今後の広告表現等につきましてはより分かりやすく誤解のない内容に速やかに改善して参ります。

また、「3日間で3GB」超の規制方法につきましてはお客様から頂いたご意見を参考にして、より利便性の高い運用方法を検討して参ります。その準備が整うまで、「3日間で3GB」の方式については従来通りとさせて頂きますが、規制後の速度につきましては現行よりもさらに速度を上げ、規制後のご不便を緩和する方向で運用していくことと致します。

この度は、お客様にご心配をおかけしましたことを衷心よりお詫び申し上げます。引き続き、UQ WiMAXサービスをご愛顧頂きますよう、お願い申し上げます。

簡単にまとめると「広告で誤解させてすみません。今後は規制方法も頑張って改善していくのでこれからもUQWiMAXをよろしくお願いします」です。

それからは広告内容も修正され、暫定処置として制限時の速度を上げるなどの対応で騒ぎは沈静化していきました。

しかし、この事件で消費者からの信頼は大きく損なわれました。僕もこの炎上ぶりで「UQもう終わったかも・・・」と思いましたが、ここからUQは怒涛の頑張りをみせます。

公式声明で宣言したとおり、みるみるサービスが改善されていったのです。

また、「3日間で3GB」超の規制方法につきましてはお客様から頂いたご意見を参考にして、より利便性の高い運用方法を検討して参ります。

通信速度だけでなく、ギガ放題の短期の上限も緩和され、現在のWiMAX2+は2015年の当時から大きくパワーアップしています。

2015年当時 2018年
通信速度 220Mbps 558Mbps
ギガ放題の短期の上限 3日3GB 3日10GB
制限時の速度 不明確 1Mbps

通信速度を2倍以上、ギガ放題の制限も3倍以上の緩和!これは凄い!

3日10GBは一般的なネット使用量の方には十分すぎる通信量です。

今のWiMAX2+はどうか?

宣言通りにサービス改善を続けた結果、現在は消費者の信頼を取り戻しました。

WiMAX2+の利用者数

誇大広告が問題となった2015年の初旬ですが、そこから契約者数は大幅に増加しており、2017年の終わりには2800万人の契約者に達しています。(他プロバイダ含む累計数)

事件後に改善を継続したことで再び消費者から信頼を得るようになりました。一時は「詐欺」と言われたサービスとは思えない勢いで現在も拡大中。

今後もモバイル回線の有力サービスとして加入者を増やし続けるでしょう。

WiMAX2+の評判

ネット上の口コミも好意的な評判も増えています。

僕もWiMAX2+で自宅と外のネット回線を全て賄っていますが満足しています。

3日10GBを超えると一定時間の速度制限はあるので、そこさえ理解して使えば非常にコスパの高いモバイル回線です。

まとめ

WiMAX2+の誇大広告事件は、誤解を生む過剰な広告表現が原因ですが、よく理解せずに簡単に契約していまう消費者側にも問題はあります。

現在、過剰な広告はないとはいえ、消費者側も必要な確認を怠らないようにしましょう。

WiMAXなら契約後に「こんなはじゃなかった」と後悔しないためにも、契約前のエリアチェックなどの最低限の確認は必須です。

-WiMAX

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.