WiMAX ポケットWi-Fi

【徹底比較】WiMAXとY!mobileどっちにするべきかを解説してみる!【2018】

更新日:

WiMAXとY!mobileはモバイル回線の2大巨頭的な人気サービス。どちらを選ぼうかで迷われる方は多いのではないでしょうか。

僕自身、初めてモバイル回線を契約する時にはWiMAXとY!mobileで迷いました。通信系のサービスって知識がないと何をどう比べていいのかわからないんですよね・・・

僕は最終的にWiMAXを選びそこから長年WiMAXのヘビーユーザーです。

この記事では以前の僕のようにWiMAXとY!mobileで迷っている方向けに両方のサービスを比較し、どちらを選ぶべきか判断の仕方までまとめます。

読了後には僕がWiMAXにした理由もわかるはずですし、自分はどちらにすべきか決断できるようになっているはず!ぜひ参考にしてください。

WiMAXとY!mobileの差異

WiMAXとY!mobileは何が違うのか?について、差異を知る為に共通点から説明します。

共通点はモバイル回線であること

両方とも外でインターネットができる「モバイル回線」です。

それぞれの専用ルーターとパソコン・スマホを接続すれば、インターネットに繋いでサイト閲覧・SNS・動画の利用ができます。基本的なサービスの本質は同じです。

どちらも一般的に「ポケットWiFi」と呼ぶようになっていますが、実際には「ポケットWiFi」はY!mobileの商標です。

Y!mobileが自社サービス「ポケットWiFi」の広告を打ちまくった為に外でルーターを使ってネット通信するサービス=ポケットWiFiという印象が広まり、WiMAXなどの厳密には違う名称の回線も全てポケットWiFiと呼ばれている。

電波の種類が違う

モバイル回線という点では同じでも通信に使う電波が違います。

WiMAは「WiMAX2+」による通信なのに対し、Y!mobileは「LTE」です。それぞれの電波の性質には違いがあり、それが通信品質の違いにも繋がっています。

電波の性質の違いは以下のとおりです。

WiMAXは直進性が高い反面、障害物を迂回するのが苦手なのに対し、LTEはWiMAXに比べると直進性は劣る一方で障害物の迂回は得意です。

WiMAXとY!mobileの徹底比較

WiMAX Y!mobile
月額料金 【UQWiMAX】
通常プラン
3696円
ギガ放題
1〜2ヶ月:3696円
3ヶ月以降:4380円
【Poket Wi-Fiプラン2:7GB】
3696円
(アドバンスモード/684円)
【Poket Wi-Fiプラン2ライト:5GB】
2480円
通信速度 【機種:W05】
下り速度
558Mbps
708Mbps/LTE利用時
上り速度
30Mbps
75Mbps /LTE利用時
【機種:603HW】
下り速度
621Mbps
上り速度
37.5Mbps
通信制限 3日10GBで翌18時から翌々日2時まで1Mbps 3日10GB超えで翌18時から翌々日1時まで1Mbps
エリア/場所 郊外にもつよい 郊外にもつよい
アドバンスモードはまだ狭い

モバイル回線に大事な下記4点。

  • 月額料金
  • 通信速度
  • 通信制限
  • 使えるエリア/場所

一つずつ比べていきましょう。

月額料金の比較

WiMAXには「7GBの通常プラン」と「無制限のギガ放題」があります。

一方、Y!mobileの方は「7GBのPoket Wi-Fiプラン2」と「5GBのPoket Wi-Fiプラン2ライト」です。Y!mobileで無制限にするにはPoket Wi-Fiプラン2に「アドバンスオプション」を付ける必要があります。

両サービスのプランと料金をまとめたのが下記の表。(WiMAXは回線元のUQWiMAXの料金)

通信量 UQWiMAX Y!mobile
通信量
上限あり
【通常プラン:7GB】
3696円
【Poket Wi-Fiプラン2ライト:5GB】2480円
【Poket Wi-Fiプラン2:7GB】3696円
無制限 【ギガ放題】
1〜2ヶ月:3696円
3ヶ月以降:4380円
【Poket Wi-Fiプラン2+アドバンスオプション】
3696円+684円=4380円

7GBの場合と無制限の両方でWiMAXの方がわずかに安いのがわかります。

また、WiMAXは回線元のUQ以外のプロバイダで申し込めばさらに安くなります。例えば人気プロバイダGMOとくとくBBとY!mobileを比べると下記表のようになります。

通信量 GMOとくとくBB Y!mobile
通信量
上限あり
【通常プラン:7GB】
3609円
【Poket Wi-Fiプラン2ライト:5GB】2480円
【Poket Wi-Fiプラン2:7GB】3696円
無制限 【ギガ放題】
1〜2ヶ月:3609円
3ヶ月以降:4263円
【Poket Wi-Fiプラン2+アドバンスオプション】
3696円+684円=4380円

UQWiMAXでもY!mobileより安いのですが、プロバイダを選べばさらに安いです。月額料金では完全にWiMAXの方がお得なことがわかりますね。

通信速度の比較

WiMAXとY!mobileそれぞれ最新ルーターの最大速度で比較します。

回線名(機種) WiMAX(W05) Y!mobile(603HW)
下り速度 708Mbps 621Mbps
上り速度 75Mbps 37.5Mbps

下り速度・上り速度ともにWiMAXの方が上ですね。

ただ、最大速度はあくまで「理論値」のため、WiMAX・Y!mobile両方とも実測値は色々な影響を受けて速度が変動します。このエリアではWiMAXの方が早いけど、場所や時間帯が少し変わるとY!mobileの方が速いなんてこともザラなので目安程度に捉えておきましょう。

それでも基本的には最大速度が速いほど実測値も速いのでどちらかといえばWiMAXの方が速いと捉えてOK。

通信制限の比較

WiMAXはギガ放題、Y!mobileはアドバンスモードで月の通信量を無制限にできますが、両サービスともに短期間にあまりに通信量が多い時、一時的に制限がかかる短期の速度制限はあります。

制限の内容は以下のとおり。

回線名(無制限の条件) WiMAX(ギガ放題) Y!mobile(アドバンスモード)
通信量の上限 3日10GB 3日10GB
通信制限の内容 18時から翌2時まで1Mbpsになる 18時から翌1時まで1Mbps程度になる

Y!mobileの方が速度制限される時間が1時間短いという違いがあります。よって、通信制限は少しだけY!mobileの方が緩いといえるでしょう。

使えるエリア/場所の比較

モバイル回線は電波が届かないと使うことができません。WiMAXとY!mobileの使える範囲(電波が届くエリア)を比べます。

東京周辺の比較だと「これって東京だからじゃない?東京だと他地域の参考にならないんじゃないか」と考える方も多いと思うので、福岡周辺で見ていきます。

▼WiMAXエリアマップ(福岡周辺)

(ピンク色:WiMAX2+)

▼Y!mobileエリアマップ(福岡周辺)

(赤+青:LTE 青:アドバンスオプション)

エリア全体としてはY!mobileの方がわずかに広いのですが、無制限で使えるエリア(Y!mobileは青色のみ・WiMAXはピンク全部)で比べるとWiMAXの方がかなり広いです。

また、電波の性質の項目で説明したとおりY!mobileのLTEは障害物を迂回するのが得意。そのため、室内や障害物に囲まれた場所での電波の受信力はWiMAXよりY!mobileの方が高いという特徴があります。

使えるエリア/場所の比較をまとめると以下のとおり。

  • 7GBなどの通信量に上限があるプランならY!mobileが広い
  • 無制限が使えるエリアはWiMAXの方が広い
  • 屋内などではY!mobileの方が受信力は高い

電波が入らないと元も子もないので両サービスともに契約前のエリアチェックは必須。忘れないようにしましょう。

比較まとめ

比較の結論
月額料金 WiMAXが安い
通信速度 WiMAXが速い
通信制限 Y!mobileが速度制限時間が短い(1時間)
エリア 通信量の上限があるプランならY!mobileが広い、無制限プランはWiMAXが広い

モバイル回線の主要項目の比較は以上です。では、次は比較結果を元に判断する時のポイントについて。

判断基準

比較結果から判断を下すときの大切なポイントを明確にします。モバイル回線を選びは以下の2つの観点が大事です。

費用・料金

モバイル回線にはプランごとで月額料金が違います。基本的には通信量と比例して月額料金も上がります。

自分に必要な通信量(GB)をシミュレーションして料金的にお得なのはどちらかを考えましょう。

通信品質

モバイル回線はネット通信するためのもの。通信品質はモバイル回線の生命線ですね。

通信品質とは下記3要素で構成されます。

  • 通信速度
  • 通信制限
  • 使えるエリア

3つとも上で比較した要素です。それぞれに優劣がありましたが3つを総合的に考えて判断することが大切。

【結論】WiMAXとY!mobileどっちにすべきか

どちらにすべきかの判断結果をまとめます。

基本的にはWiMAXの方がおすすめ

WiMAXの方がおすすめな理由は以下のとおり。

  • 費用/料金面でお得である
  • 通信速度もY!mobileより少し速い
  • 通信量無制限のエリアも広い

Y!mobileに負けているのは「短期の通信制限が1時間長い」「障害物に弱い」ことくらいです。

通信制限が1時間違うくらいは大した違いじゃありませんし、電波の性質上障害物に弱いといのもわずかな違い。僕はWiMAXを長年使っていますが実際に不便を感じたことはありません。

金銭面・通信品質を総合して考えるとWiMAXの方がメリットが大きいといえるでしょう。

こういう場合にはY!mobileもあり

こういうケースならY!mobileがおすすめというのをまとめます。

  • WiMAXのエリア外でY!mobileのエリア内の地域
  • 通信量5GBで十分な人
  • Y!mobileの格安SIMなど別回線を持っている方(家族でもいい)

Y!mobileには2回線目から月500円の割引がかかる「家族割引サービス」があるため、すでにY!mobileの格安SIMなどの利用者であればお得に使えます。それならY!mobileでもいいでしょう。

まとめ

基本的にはWiMAXがおすすめで、それが出来ない場合もしくはY!mobileの割引対象者ならY!mobileを検討するのが両サービスを比べた時の合理的な選択になります。

WiMAXはプロバイダが数多くあり、それぞれ少しずつ月額料金などが違いますが最もお得なのは「GMOとくとくBB」なので迷うなら「GMOとくとくBB」がおすすめです。

よく検討して自分に最適なモバイル回線を契約するようにしましょう。

-WiMAX, ポケットWi-Fi

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.