WiMAX WiMAX基本知識

WiMAX2+の通信速度は実際どれくらい?実測値と評判口コミのまとめ

投稿日:

WiMAX2+は非常に高速な通信回線と知られています。

では、実際にどのくらいの速度がでるのでしょうか。

ここではWiMAX2+の通信速度についてメーカーが公表する最大速度、実際の実測値、通信速度の評判など全てまとめます。

WiMAX2+の通信速度のキホン

WiMAX2+は非常に高速なモバイル回線として人気を集めています。

元々、登場した2013年当初から大容量のデータを高速で送受信できる回線として注目されていましたが、そこからさらに改良され、現在では当初の倍以上のスピードになっています。

では、現時点でどのくらいの通信速度に到達しているのでしょうか。

最新ルーターでの通信速度

現在の最新ルーター「W05」だとハイスピードモードで558Mbps、ハイスピードプラスエリアで708Mbpsの下り速度があります。

数年前の光回線(フレッツ光)は200Mbpsでした。それを考えるとモバイル回線でこの速度は凄いですね。

しかし、一口に通信速度といっても2つの通信モード「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」があり、それぞれ最大の速度が違います。

より速いのは「ハイスピードプラスエリアモード」ですが、実際に大切なのは「ハイスピードモード」です。その理由は次で解説します。

通信速度は2種類ある

ハイスピードモードはWiMAX2+を単独で使った時の通信速度、ハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX2+とLTEをCA(キャリアアグリゲーション)して使った時の通信速度です。

ホームページや広告で強調されている最高速のほとんどがハイスピードプラスエリアモードの「LTEとのCA時」の速度ですが、実際の利用時には、ほとんどの方はCAを使わないと思います。

▼強調されているのはLTEとのCA時の最大速

CAは、2種類の回線をまとめて使うことで高速化する技術ですが、一部の地域でしか使えませんし、LTEを利用するハイスピードプラスエリアには厳しい通信上限もあるため、そう頻繁に使うものではありません。

なので、実際の利用のときの基本の通信モードとなるハイスピードモード(WiMAX単独)の速度の方が大事なのです。

ハイスピードプラスエリアの最高速に惑わされないように!

ベストエフォート方式より実測値が大事

ハイスピードモード(WiMAX単独)の通信速度が大切だという話をしましたが、WiMAX2+の通信速度にはもう一つ注意点があります。

それは、メーカーのホームページなどで公表されている通信速度は全てベストエフォート方式という理論上の最大速であるということです。

理論上の最大速なので、実際の利用中に出るリアルな「実測値」とは差があります。

W05のハイスピードモードの最大速は下り558Mbpsと公表されていますが、この速度はあくまで「これだけの速度が出せるポテンシャルがあるのだ」というモノです。

まあ、ポテンシャルに比例して実測値も上がるので速いにこしたことはないんですけど・・実際は実測値でこの数字がでることはないということを知っておきましょう。

通信速度(実測値)が決まる要因3つ

ユーザーとしては実測値が気になりますね。では、次はこの実測値はどんな要因が影響して決まるのかについてです。

通信速度(実測値)は以下の要因で決まります。

  • ルーター性能
  • 場所
  • 時間帯

3つの要因を知れば、WiMAX2+の速度への理解が深まります。

ルーター性能

どのルーターを使うかで通信速度は大きく変わります。

少し前のW03だと下り440Mbpsですが、W05だと下り558Mbps(HS+Aなら708Mbps)に上がります。

ルーターの性能は、年々上がっておりそれに伴って最大速も上がり続けています。通信速度を重視するなら必ず最新のルーターを使うようにしましょう。

場所

WiMAX2+の通信速度は場所によって大きく変動します。

WiMAX2+出始めた頃の古い情報にはなりますが、BraodWiMAXのHPでの実測MAPでも地域によってぜんぜん速度が違うことがわかります。

▼エリアMAP(一部)

  • 東京ドーム周辺:77.5Mbps
  • 渋谷109周辺:97.6Mbps
  • 福岡博多駅周辺:40.7Mbps
  • 名古屋城周辺:84.3Mbps

WiMAX2+は本当に場所によって速度が変動しますが、これは電波の強弱が場所によって違うためです。電波が良く入る場所だと速度は上がり、入りにくい場所だと速度は下がる。

基本的に基地局との距離は近いほど電波をキャッチしやすくなりますが、WiMAX2+の電波は障害物に弱いため、何故か電波が入らない「デッドスポット」もあったりします。少し難しい><

しかし、ご安心ください。基本的にはエリア測定で◯ならほとんどのケースで問題なく使えます。

そして、プロバイダの「とくとくBB」などには、エリア測定で◯なのに電波が通らなかった場合、20日以内のキャンセルを認める仕組みなんかもあったりします。

ただし、こういった消費者を守る良い制度もエリア測定◯だった時のみに使えるものなので契約前のエリア測定は必須です。念を入れるならTryWiMAXやレンタルで実際に使って確認するのもアリ。

時間帯

WiMAX2+は時間帯によっても速度が変動します。アクセスが集中する時間帯は速度が下がることがある。

これは電波を車道に見立てるとわかりやすいかもしれません。車道は、一つの車線で同時に通れる車の数が決まっているため、交通量が増えると渋滞し、速度が出せなくなります。電波も同じように一度に多くの人が使用すると渋滞して速度が落ちてしまいます。

周辺ユーザーの使用量次第で速度の変動は異なるため、使ってみないと何時頃にどう変わるのかはわかりません。

時間帯による速度変動は、光回線や格安SIMなど他のあらゆる通信回線にも同じように存在します。通信回線の宿命。

WiMAX2+の場合、スマホの格安SIMほど急激な速度の変動ではないので、その点は安心できます。

実際の通信速度の計測と使用感

WiMAX2+の通信速度を実測

地方都市の街中で計測

こちらは福岡市の天神でルーター「W04」を使ったときの通信速度の実測値です。iPhoneで計測しました。

下り速度は37.4Mbpsでています。W04も広告では「下り最大440Mbps!」などと強調していますが、これが実測値の現実です(笑)

ベストエフォート方式の速度よりは出ていないかもしれませんが、これだけのスピードがあれば動画を観ても、ゲームをしてもサクサクです。理論値とは違いがありますが実際には誰が使っても満足できる速度はでています。

少し町外れの田舎で計測

福岡県の田舎の方にある自宅で計測した数値です。こちらはMacBookAirで計測。

街中よりは速度ダウン。街中の半分である15Mbpsだと遅いように見えるかもしれませんが、僕はこの速度で十分に満足しています。

本業はIT系のフリーランスなので家でもWiMAX2+の通信で仕事をしていますし、Netflix・Amazonプライムビデオで映画をよく観ていますがこの速度でも動画を観たり、ネットサーフィンするには何ら問題なく、必要十分なんですよ。

Netflixも5Mbpsあれば高画質で映画を観れます。これだけ出れば不自由なく使える!

3日10GBの速度制限時の実測

これは3日10GBの速度制限が発動中の時の速度です。これもルーターはW04でMacBookAirで計測しました。

WiMAX2+のギガ放題の速度制限は、3日10GBを超えた翌日18時から翌々日2時まで1Mbps前後になるというものです。実際に速度制限中の速度を計測したら本当に1Mbps前後の速度になっています。

制限中の速度1Mbpsですが、実は1MbpsあればYouTubeは普通に観れますし、SNSやサイト閲覧に支障はありません。(エ◯サイトは重くなる!辛いのはそれくらい…)

僕がネットで行うことのほぼ全てが1Mbpsあれば問題なくできるため、個人的には速度制限恐るるに足らずという感覚になってます。

WiMAX2+の通信速度の評価/評判

WiMAX2+の通信速度に関する評判・口コミを紹介します。

通信速度の悪い評判/口コミ

WiMAX2+の電波は直進性が高く障害物を周り込むのが苦手なため、近くに電波を通しにくい障害物があると速度が落ちることがあります。

室内で電波が弱いという評判もありますが、これもケースバイケースで一概には言えません。僕の場合はルーターを室内のどこに置いても通信速度は変わりませんからね・・・

電波が入りにくい建物の構造なら窓際にルーターを設置するなど工夫すれば電波は掴めるはずです。

どうしても心配な時は、契約する前にTryWiMAXで試したり、エリア内で電波が入らなかった時に20日以内の解約を認めるとくとくBBを使うなど対処法はいくらでもあります。

通信速度の良い評判/口コミ

室内でも電波がバリバリ通っていますね。僕の自宅は平均11〜15Mbpsくらいなので38Mbpsは羨ましい・・・

ヘビーなネットゲーマーとかじゃない限り、ほとんどの方は11〜15Mbpsあれば十分に使えます。38Mbpsあるなら大満足なはず。

まとめ

WiMAX2+の通信速度はモバイル回線として非常に優秀です。

僕は自宅と外のネット通信を全てWiMAX2+で行っていますが、いつも快適に通信できています。自宅では11〜15Mbps程度の速度しかでませんがYouTube・Amazonプライムビデオ・Netflixを観るのには十分な速度なので全く気になりません。

3日10GBの速度制限もほとんどかかりません。かかったのは海外ドラマを連続で何話も観たときくらかなあ。ギガ放題の速度制限は18時〜翌2時までの一定時間のため日中はいつも通り使えて仕事に使えなくなるとかもない。本当にコスパの高いネット回線だと思います。

ただし、契約するなら申し込む前に必ずエリア測定だけは忘れずにしてください。エリア外だと通信速度の前にまず使えないのでね・・・

契約前に自分の環境での速度がどうしても気になる方は、TryWiMAXやレンタルで不安を解消するなどの対策を取りましょう。きちんと確認してから申し込めば後で後悔することはないはずですから。ではでは。

-WiMAX, WiMAX基本知識

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.