WiMAX WiMAX基本知識

WiMAXのメリット7つ!おすすめポイントをわかりやすく解説

更新日:

こんにちは。WiMAXヘビーユーザーの管理人です。

今日ではインターネット通信を行う方法はWiMAX以外にも色々とあります。光回線・ポケットWiFi・ソフトバンクエアー・テザリングなどたくさんの選択肢がありますねえ。

これらの中からWiMAXがおすすめな理由は「通信の質・料金・使い勝手の良さ」の総合点一番高いからです。WiMAXはとてもコスパが高いんですよ。

そこでこの記事ではそのへんのことを伝えるために、WiMAXのメリットを紹介していきます。通信回線選びに迷われている方は参考にしてください。

WiMAXのメリット|おすすめポイント7つ

  1. WiMAX2+は通信速度が非常に速い
  2. 「1ヶ月の通信量の上限」を気にせず使える
  3. 3千円台で自宅+外の両方で使える
  4. スマホの通信量を補助できる
  5. 工事が不要・即日開通できる
  6. auのLTE回線が使える
  7. auユーザーは特別な割引がある

一つずつ詳細に解説していきます!

WiMAX2+は通信速度が非常に速い

WiMAX2+の通信速度は非常に高速です。「無線」とは思えない通信速度がでます。

▼2018年現在のWiMAX2+下り速度(ダウンロード速度)

  • WiMAX2+単独:最大440Mbps〜558Mbps
  • LTE利用時:最大708Mbps

下り速度とはデータを読み込む速度のことです。下り速度によってWebページを開いたり、動画を視聴したりする快適さが決まります。

インターネットを利用するときトップクラスに通信速度が必要なのが「動画視聴」ですが、YouTubeやAmazonプライムビデオは3Mbpsあれば高画質でスムーズに観れます。

「動画」ですら3Mbpsで十分。その100倍以上の440Mbpsって・・・と考えるとWiMAX2+がどのくらい速いのかイメージできるのではないでしょうか。

ただ、440Mbps〜558Mbpsはあくまで「最高速度」なので、実測だと色々な影響を受けて最高速度はでないんですけどね。それでも僕らがスマホ・パソコンでネットをしたり、ゲームをしたり、動画を観るのには全然問題なく使える速度は余裕であります。

「1ヶ月の通信量の上限」を気にせず使える

WiMAXには「通常プラン」「ギガ放題」の2つのプランがありますが、「ギガ放題」は1ヶ月に使えるデータ通信量に上限がありません。

しかし、WiMAXに近いモバイル通信サービスには、ポケットWiFiやスマホのテザリングがありますが、すべて◯GBを超えると速度制限がかかるという「通信量の上限」があります。

月の通信量に上限なく使えるのはWiMAXだけです。個人的にはここがWiMAXの最大の魅力だと思います。通信量を気にせず使いたいならWiMAXを選ぶと幸せになれますよ!

3千円台で自宅+外の両方に対応できる

WiMAXを使えば最もお金をかけずに自宅・外の両方で使えるネット環境が手に入ります。

光回線は外では使えませんし、ポケットWiFiは月◯GB(通信量)の上限があるため自宅用のネット回線としては力不足です。

WiMAXだけが自宅と外の両方で十分に使えるスペックがあります。それでいて月額量は光回線と比べても同じか低いくらいの料金しかかかりません。

回線 戸建て 集合住宅(マンションなど)
WiMAX(Broad WiMAX) 1ヶ月〜3ヶ月:2726円
4ヶ月以降:3411円
auひかり 5100円 3800円
ドコモ光 5200円 4000円
ソフトバンク光 5200円 3800円

僕は現在、WiMAX2+一本で自宅と外のインターネット通信を全て賄っています。それで実質の月額料は「月3千円程度」。通信費の節約もできて非常に満足。

スマホの通信量を補助できる

WiMAXならスマホのデータ通信をサポートできます。

スマホはプラン毎に1ヶ月のデータ通信量が「◯GB」と定められていますが、外でもWiMAXルーターを介してネットすればスマホの通信量の上限値は関係ありません。WiMAXのギガ放題に上限はないので使い放題です。

ぼくは外出時はカバンにWiMAXルーターを放り込んでスマホと繋ぎっぱなしにしています。こうするとスマホの通信制限を気にせずYouTubeなんかを観まくることもできます。

スマホのデータプランも一番安いのを選べるため月の携帯代の節約にもなるので超おすすめ。

工事が不要・即日開通できる

WiMAXなら光回線などに必要な開通工事が必要ありません。ルーターを貰えばすぐにその日からインターネットができるようになります。

光回線の工事は立会いも必要なので期日調整など色々と手続きが必要です。申し込みから開通までに2週間以上待つなんてこともある・・・

WiMAXは申し込み後、ルーターを受け取ればその日からすぐに使えます。手間も時間もかからないので負担なく気軽に使い始められる。

引越しのときもルーターを持っていけば引越し先ですぐにインターネットができます。このフットワークの軽さは転勤族や出張が多い人には魅力ではないでしょうか。

auのLTE回線が使える

最新のWiMAXルーターはauのLTE回線で通信する機能もついています。

LTEの電波はWiMAXの電波よりも遠くまで届くため、WiMAXの電波が悪い場所でもLTEに切り替えることで問題なく通信できます。

またCA(キャリアアグリゲーション)という技術によってWiMAXとLTEの回線を束ねて使うことで通信速度を上げる機能もあります。

LTE回線はWiMAXと違って7GBという「通信量の上限」があるため使い方は気をつけなければいけませんが、此処ぞというときに役立つ心強い存在です!

auユーザーは特別な割引がある

auのケータイを使っている方がWiMAXを契約すると「auスマートバリューmine」という割引を受けられます。

内容は上の図のとおりでauケータイの月々の料金が最大1000円割引になるというものです。

これはWiMAXの設備を提供する大元のUQコミュニケーションズがauの子会社だからこそできる特別割引です。これはauユーザーが羨ましいですね…。

WiMAX(ワイマックス)のメリットまとめ

今回はWiMAXのメリット7つを紹介しました。

  1. WiMAX2+は通信速度が非常に速い
  2. 「1ヶ月の通信量の上限」を気にせず使える
  3. 3千円台で自宅+外の両方で使える
  4. スマホの通信量を補助できる
  5. 工事が不要・即日開通できる
  6. auのLTE回線が使える
  7. auユーザーは特別な割引がある

WiMAXが「通信速度の速さ・コスパの良さ・柔軟性が高さ」を全て兼ね備えたネット回線だと伝わりましたでしょうか?

WiMAXは、自宅・外でネットができるだけでなく通信費の節約にも効果を生むオールラウンダーな奴なんです。

ぼくはWiMAX2+だけで通信を一本化しており何不自由なく使えています。非常におすすめなためネット回線をどうするか考え中なら選択肢の一つとして検討してみるといいですよー

-WiMAX, WiMAX基本知識

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.