WiMAX

【徹底比較】WiMAXと光回線はどちらを選ぶべき?通信品質・通信設備・費用の違いを比較する

投稿日:

ネット回線を選ぶときWiMAXと光回線のどちらにするべきか?は悩みどころです。

それぞれに種類の異なるメリットがあるため、どちらするべきかの決断は非常に難しい。調べるほど何を選ぶべきかわからなくなる方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事ではWiMAXと光回線を3つの観点から比較します。きっと、それぞれの回線の優劣が整理できるはずです。

通信設備の違い

まずWiMAXと光回線は通信に必要な設備が大きく違います。WiMAXはルーターを使った電波での無線通信であるのに対し、光回線は有線ケーブルを介した有線通信です。

WiMAXはルーターさえあれば使えますが、光回線はケーブルを宅内まで引き込みモデムの設置も必要となります。

この必要な通信設備の特徴により以下の点で違いが生じています。

工事の要不要

光回線は利用前に開通工事が必要ですが、WiMAXに開通工事は不要です。

光回線の工事は建物によって工事期間が違いますが、基本的には開通工事を完了してからでないと利用できません。

その一方、WiMAXならルーターさえ受け取ればすぐ開通です。ネットからの申し込みでも数日でルーターは届きますし、店頭でルーターを受け取れば即日からの利用開始もできます。

利用エリアの広さ

光回線は自宅専用ですが、WiMAXは自宅と外の両方で使えます。

光回線は物理的なケーブルを使う通信であるため自宅内での利用に限られます。モデムからWiFiを飛ばして電子機器と無線接続することはできますが、WiFiは数十メートル間の通信用の電波なので自宅の外で通信するのには使えません。

それに対しWiMAXは自宅内だけでなく外での通信でも活躍します。WiMAXの電波が届くエリア内なら店舗・路上・公園などでネット通信を使い放題です。

利用できるシチュエーションの広さではWiMAXの方が圧倒的に広いですね。外でもネット通信を使う予定があるなら悩むことなくWiMAXを選びましょう。

通信品質の違い

光回線は物理ケーブルを介して通信するのに対し、WiMAXは電波による無線通信です。

光回線の物理ケーブルによる通信はケーブル内の安定した環境で信号を送受信できますが、WiMAXの電波による通信は空気中を伝達するため外部環境の影響を受けることもあり少し不安定となります。

物理ケーブルと電波による違いが通信速度・通信安定性の差となって現れています。

通信速度・通信安定性

WiMAXと比較して光回線の方が通信速度・通信安定性ともに高水準です。

光回線は最大速度1Gbps(1000Mbps)というサービスも生まれていて超高速化が進んでいます。光ファイバーを介する通信は外部環境による速度への影響も小さく安定性も非常に高いです。

WiMAXは、最大速度708Mbps(LTE併用時)と光回線に及ばず、電波で行う通信も光回線と比べると不安定です。WiMAXの電波は直進性が高い分、回り込みが苦手で壁などの障害物が多いと弱まったりするんですよね・・・

とはいえWiMAXの通信速度や安定性が悪いわけではありません。光回線と比べたときは少し劣るというだけです。

今のWiMAX・光回線の通信品質は共に必要十分ならラインは満たしています。これはよく知られていませんが、YouTubeを高画質で観るのに必要な速度は1Mbpsです。NetflixのHD動画は5Mbpsあれば余裕で楽しめます。

そんな中、光回線が最速1Gbps!WiMAXが最速708Mpb!と言っています。両回線共にすでに実用には十分過ぎるクオリティですね。

光回線の通信速度に劣るとはいえWiMAXの通信速度でも十分に高速といえます。

通信制限の有無

WiMAXのデメリットは通信制限があることです。

WiMAXのギガ放題プランは、月の通信量が無制限であることが「ウリ」です。しかし、完全に無制限というわけではなく、3日10GBを超えると一定の時間だけ通信速度が1Mbpsになる短期の通信制限は存在します。

このギガ放題の速度制限は、3日10GBには並の使い方だと達しないことや、速度制限時もYouTubeが普通に観られる1Mbps前後の速度がでるため「かなり緩い制限」ではあります。

しかし、光回線の方は通信量の上限や速度制限は一切ないことを考えると大きな違いといえます。ネットゲームなどデータ通信を大量に行うヘビーユーザーの方には制限ゼロの光回線の方がおすすめです。

費用の違い

サービス利用時の費用面を総合して考えると光回線よりWiMAXの方がお得です。

一言で「費用」といっても月額料金・新規契約キャンペーン内容・開通工事費などいくつかの要素があります。

それぞれの要素の詳細な違いを比べていきます。

月額料金の比較

回線 戸建て 集合住宅(マンションなど)
WiMAX(BroadWiMAX) 1ヶ月〜2ヶ月:2726円
3ヶ月以降:3411円
auひかり 5100円 3800円
ドコモ光 5200円 4000円
ソフトバンク光 5200円 3800円

月額料金は光回線よりWiMAXの方が安いです。

WiMAXのプロバイダの中でも月額料金が安いBroadWiMAXとの比較なら、光回線各社は戸建なら約2000円程度の差、マンションタイプなら約400円程度の差があります。

プロバイダ毎で月額料金は変動しますが、基本的に月額料金が抑えられるのはWiMAXの方です。

開通工事費用の有無

光回線の開通工事には費用が発生します。

光回線の工事費用は18000〜40000円と非常に高額ですが、ほとんどの光回線で工事費用と同じ金額を割引することで実質的に0円になるキャンペーンがあるためそれほど心配はありません。

ただ、「実質」ゼロ円には注意点もあります。実質ゼロ円の仕組みは、工事費用が30000円で1250円×24の分割請求だった場合、毎月1250円分を毎月割引することで24ヶ月後に実質的な支払いなく残債がなくなるというものです。つまり、残債が残っている段階で解約すると、残った分の工事費の支払いはしなければいけません。解約のタイミングには注意が必要です。

この点、元々最初から開通工事が存在しないWiMAXは心配がなくていいですね。

新規契約キャンペーンの違い

WiMAXと光回線の両方に新規申し込みキャンペーンがあります。

それぞれの回線でプロバイダ・販売店各社が様々なキャンペーンを展開しており、毎月内容も変わるため複雑です。WiMAXか光回線かで悩む段階でここを比較の軸にするのはちょっと難しいと思います。

まずはWiMAXと光回線のどちらにするかを決めてから販売店のキャンペーンを見比べて一番お得な所を選ぶという順番ではないといつまでたっても回線を契約できなくなります。

どちらの回線にも高額なキャッシュバックはあります。しかし、それは一旦置いておいて、まずは上で説明してきた他の要素を比べてWiMAXか光回線どちらにするのかを決めましょう。キャンペーンの比較はその後で良い。

まとめ

WiMAXと光回線の比較でした。

最後にそれぞれの回線が向いているタイプをまとめます。

WiMAXがおすすめなタイプ

  • 外でも使う
  • なるべく通信費用を抑えたい

光回線がおすすめなタイプ

  • 少しでも通信制限があるのが嫌だ
  • 自宅のみで使う
  • ネットゲームをする

以上です!

最適な回線選びの参考にしてください。

-WiMAX

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.