WiMAX ルーター比較

W05とW04の違いは?W05の進化を比較で明らかにする

更新日:

「W05」はHUAWEI(ファーウェイ)が製造するWiMAXのモバイルルーターです。一つ前の「W04」が人気なため「W05」も注目されています。

「W05」が「W04」より性能的に向上しているのは当然ですが、大切なのは何がどれだけ進化しているのかという「違い」ですよね。

そこで今回の記事では「W05」と「W04」を比較して、違いを明確にします。

一読すれば「W05」に乗り換えるべきか?などの判断もつくはずです!

【関連】それぞれを個別に深堀りした内容は「W05」「W04」を参考にしてください。

【総評】W05は見た目は大きく、中身は小さく変化した

W04→W05は見た目は大きく変わったものの性能面は僅かな改良に止まっています。

一番変化しているのはデザインです。W04で初採用の縦型がW05は横型に戻されました。縦型と横型で見た目は大きく違いますが、長い方の辺の長さは変わらず、サイズ感はほぼ同じなので収納ポケットにスッと収まる感じそのままです。

一方で性能面での改良は大きくありません。W05の通信速度は上り速度が向上していますが、下り速度の変化はなく、バッテリー使用時間はW04とW05は全く同じ。

新機能などの追加はありますが基本性能面で大きな変化はないため「マイナーチェンジ」といえる変化になっています。

W04→W05で進化したポイント4つ

まずはW05の進化した部分を紹介。主に4つのポイントが変わりました。

  1. 上り通信が速度アップ
  2. 縦型から横型への変化
  3. ボディが薄く・重量が軽くなった
  4. 新機能!WiFi引越し機能

一つずつ詳しく見ていきましょう。

上り通信が速度アップ

W05はWiMAXルーターで初めてLTE利用時の最大上り速度75Mbpsを実現しました。W04は上り最速30Mbpsですから大幅な速度アップ。

上り速度は、ファイルをアップするスピードに影響します。動画投稿やクラウドにファイルを上げる頻度が多い方には嬉しいパワーアップなのではないでしょうか。

しかし!上り速度アップしたのは「LTE利用時」!つまり、ハイスピードプラスエリアモードを使ったときだけなんです!

LTE利用は7GB超えで鬼のような速度制限があります。そのため使わない人は全く使いません。ぼくはLTE使わない派です。一部の方だけにメリットがある性能アップですね・・・

縦型から横型への変化

W04はWiMAXルーター初の縦長デザインが新しかったのですが、W05から横長デザインに戻ってしまった!

縦型は好き嫌いが別れる評価だったので、従来のルーターの形である横型にしたって感じなのかな?個人的には縦型は使い易いと感じていたのに・・

万人に好まれるデザインになった!ということにしておきます。

ボディが薄く・重量が軽くなった

W05はW04と比べて少しだけ軽く・少しだけ薄くなりました。

数字上はほんのわずかなんですが、性能をアップさせつつ軽くしたり、薄くしたりするのは頑張っています。

通信系の新製品は「性能アップしました!そのぶん大きく・重くなってます!」ってこともありますが、そうじゃないのがグッド。

新機能!「WiFi設定お引越し」

W05の新機能「WiFi設定お引越し」は、ルーター乗り換えを楽にします。

これまでは、モバイルルーターを代えるとスマホ・パソコン側で新ルーターのID/passを登録しなおす必要がありました。それが「WiFi設定お引越し」を使えばW05が前ルーターのID/passをそのまま引き継げるため、スマホ・パソコン側でID/passの再登録する必要がなくなります。利用者からもとても好評なナイスな新機能です。

W05とW04の徹底比較

上ではW05になって変化した部分を紹介しました。ここからは新ためて「W05」と「W04」の全項目を比較します。

以下がルーターの基本性能3項目を比較した表です。赤字はW05から変化した値です。

上の表の3項目に機能(ソフト面)・外部機器の2項目を足して全5項目を比較します。

▼比較する5項目

  1. 通信速度
  2. バッテリー
  3. 外観(ハード)
  4. 機能(ソフト)
  5. 外部機器(クレードル)

それぞれ一つずつ解説します。

【通信速度】「上り」はW05が速い!「下り」は変わらない

W05はLTE利用時の上り速度が最大75Mbpsでるようになりました。 W04はLTE利用時も上りは最大30Mbpsなので最大速度の上り幅はわりと大きい。W05の方が、W04と比較してLTE利用時のファイルアップロードが短時間で行えるようになっています。

ただ下りの通信速度はW05とW04は全く同じなんですよ。Webサイトを開いたり、動画を視聴するときのスピードは下り速度で決まります。つまり、Webサイトを観たり、動画を観るときの快適さはW05とW04でぜんぜん変わらないということです

【バッテリー】W04とW05は全く同じ!

W05とW04のバッテリー使用時間は全く同じです。W05になっても性能アップがなかった項目です。

W05でも性能アップなしとはいっても最高馬力で通信するハイパフォーマンスモードで6.5時間持つので必要十分なバッテリー使用時間はあります。

ぼくはW04を長年使っていますがバッテリーに不満を持ったことはありませんよー

【外観】W04=縦型 / W05=横型

W04で初採用された縦型は、W05では横型に戻されています。

W04は縦型でW05は横型で大きく見た目が変わったように感じますが、長い方の辺の長さは同じなので細長いサイズ感は変わりありません。カバンの細いポケットなどにスッと収納できる収まりのよさはW04からW05にも継承されています。

ちなみにほぼ気づかないレベルですがW05の方が9g軽く・2mm薄くなっています。

【機能】W05の「WiFi設定お引越し」は秀逸

W05からの新機能「WiFi設定お引越し」は評判がいい!上でも説明しましたが・・・

モバイルーターのID/passをW05で引き継げるのでスマホ・パソコンなど機器類の方でW05のID/passを入力しなおす必要がなくなるよーって機能です。

【外部機器】W05のクレードルは自動でハイパフォーマンスモードへの切り替えあり

W05のクレードルには、ルーターを置くと自動で最大馬力で通信するハイパフォーマンスモードへ切り替わる機能が搭載されました。

外でバッテリー持ちを無駄づかいしないためにノーマルモードで使ってもクレードルにぶっさすだけで自動で切り替わる。

ちまちまモードを切り替えなくてよくなります。地味だけど気がきいた機能ですね。

W04とW05の徹底比較まとめ

W04とW05の比較をとおしてW05のパワーアップした部分がはっきりと理解できたのではないでしょうか?

徹底比較をとおして「W05の性能アップはわずか」というような話も多く書いていますが、W05がW04に劣る部分はないため新契約するなら当然W05にするべきですよ。そこは勘違いしないでくださいね!

サイト内ではそれぞれのルーターを評価した記事なんかもあります。色々と参考にして自分にぴったりなルーター選びに役立ててください!

【関連】それぞれを個別に深堀りした内容は「W05」「W04」でまとめています。

-WiMAX, ルーター比較

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.