WiMAX ルーター比較

W05のクレードルは必要?メリットと評判から必要性を考えよう

更新日:

「W05のクレードルを買うべきか?」の判断基準についてです。

ネット上には「クレードルは必要!」「クレードルは不要!」と両方の断定された意見がありますが、本当の要不要の判断は人によって異なるので自分にしか判断できません。

クレードルのメリットと価格を比べて価値を感じる人には「必要」、価値を感じないなら「不要」となるものだからです。

判断を間違わないためにネット上の意見に左右されるのではなく、クレードルのメリットを理解して上で「自分の場合はどうか?」を考えてみましょう。メリットの方が大きいと感じるなら買うべきだし「価値なし!」と判断するなら買わなければ良い。

判断の前提となる知識として今回はクレードルの機能・メリット・評判をまとめます。

この記事だけで一通りクレードルについて全体像がわかるため読了後には判断が下せるようになるはず!参考にしてみてください。

W05のクレードルの機能

  •  置くだけで充電ができる
  • 自動でハイパフォーマンスモードに切り替わる
  • 有線での接続ができる
  • 無線Wi-Fiルーターとして使える

置くだけで充電できる

クレードルにW05の端末を置くだけで充電できます。

充電ケーブルをW05に直接ぶっ刺すより見た目的にも綺麗ですし、ケーブルを差し込む一手間もかかりません。

自動で「ハイパフォーマンス設定」に切り替わる

クレードルにW05を置くと自動的にハイパフォーマンス設定に切り替わります。

▶︎ハイパフォーマンス設定とは

WiMAXには3つのパフォーマンス設定があります。

  • ハイパフォーマンス
  • ノーマル
  • セーブ

ハイパフォーマンスは最大出力で通信する最も速度がでる設定です。

外にWiMAXルーターを持ち歩くときにバッテリー残量を気にして「ノーマル」「セーブ」にしていてもクレードルにおけば自動的にハイパフォーマンス設定になります。

「ノーマル」「セーブ」にする理由はバッテリーの電池節約なので充電に繋がっているクレードル上では必要ありません。クレードルがあれば自宅に帰る設定をハイパフォーマンスに戻さなくてもいいというわけです。

有線での接続ができる

クレードルの後部にあるLANポートを使って有線ケーブルでの接続ができます。

▼クレードル背面のLANポート

有線接続の方が通信は安定します。

クレードルがあれば自宅のデスクトップパソコンやゲーム機でネットする時には有線で利用するという使い方ができるようになります。

無線Wi-Fiルーターとして使える

固定回線のモデムや壁から出ている固定回線のLANケーブルとW05のクレードルを繋げればW05をWi-Fiルーター代わりに使えます。

無線Wi-Fiを飛ばせば少し離れた所からネット接続したり、複数人で使用することもできるため、自宅や旅先で固定回線のプラグから少し離れた所でネット接続したいときや複数人でネット接続したい時に便利!!

W05のメリット

WiMAXの定位置が決まる

クレードルを置くと自宅内でのWiMAXの定位置が決まります。

整理されることで「出かける前に、あれ? WiMAXどこだ?」となることがなくなります。

また、クレードル上のW05は綺麗に見えるのでインテリアを邪魔しないのもいい。

充電忘れを防げる

クレードル上に置くだけなので「充電忘れ」を防げます。

クレードルがなくても端末に充電ケーブルを差し込むだけなのですが、何か用事があったり慌てている時なんかにうっかり忘れることってあるんです。そのあと出かける直前「うわっ!電池ないじゃん」となったり・・・

常にクレードル上に置くと決まっていれば帰宅後は何も考えずにポンっと置くようになります。これだけ簡単だと習慣になるので忘れることもない。

普段からスマホの充電わすれしちゃうんだよな・・なんて人にクレードルはおすすめですよ。

安定した接続ができる

クレードルがあれば有線での接続ができます。

有線接続の方が無線より安定性は高いのでデスクトップパソコンやゲーム機などのようにより安定性した接続がしたい機器の通信時に活躍します。

ほんのわずかですがW05と機器との電波のやり取りがスムーズになることで通信速度が上がることもあります。

クレードルの評判

有線で快調になった!

時計代わりにもなる(笑)

-WiMAX, ルーター比較

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.