WiMAX ルーター比較

W04の評価と評判|特徴と口コミ&レビューまとめ

更新日:

WiMAXのモバイルルーターの中でもW04は非常に人気が高いモデルです。

W04より後に発売されたWX04より「良い」と評価する声も多く、WiMAXユーザーの多くがW04を利用しています。かくいう私もW04ユーザー。

そこでこの記事ではW04のスペック・特徴の評価や利用者の評判・口コミなどを徹底的に解説します。モバイルルーター選びの参考にしてください。

【総評】W04は通信速度・デザインに強みがあるルーター

  • 通信速度が速い!モバイルルーターで最速クラス!
  • スマホのように扱える縦型のデザイン
  • 最速モードで6.5時間もつバッテリー性能
  • Bluetooth接続・スマホでのタッチ接続などの機能
  • シンプルでデザイン性の高いクレードル

W04の最大の特徴は「通信の速さ・独特なデザイン」にあります。

下り558MbpsでLTE利用時の最速708Mbpsは歴代のWiMAXルーターの中でも一番の性能を実現しています。「やっぱりモバイルルーターに一番大切なのは通信速度!」という人ならW04は非常におすすめできます。

また、デザインにも特徴があります。これまでのWiMAXルーターにはなかったスティック型のデザインが採用され、非常に高い操作性を実現しています。

一方でバッテリー持ちに関してはWXシリーズ(WX03・WX04)に今一歩及びません。バッテリーが長時間持つことを重視するなら別の機種を選ぶといいでしょう。

W04のスペック評価

製品名Speed Wi-Fi NEXT W04
製造日2017年2月17日
製造元HUAWEI
対応ネットワークWiMAX 2+
au 4G LTE
通信速度【下り】
558Mbps
708Mbps(東名阪)HS+A利用時
【上り】
30Mbps
質量 約140g
サイズ約H130×W53×D14.2mm
UIMカードバージョンMicro IC
バッテリー使用時間
(ハイスピード)
ハイパフォーマンス:約6.5時間
ノーマル:約9時間
バッテリーセーブ:約10.5時間
バッテリー使用時間
(ハイスピードプラスエリア)
ハイパフォーマンス:約4.3時間
ノーマル:約6.5時間
バッテリーセーブ:約9.1時間
バッテリー使用時間
(連続待受)
休止状態:約850時間
クイックアクセス設定時:38時間
本体色グリーン
ホワイト
機能Bluetooth機能
スマホWiFiタッチ

モバイルルーターは以下の5つの要素に分類できます。

  • 通信
  • バッテリー
  • 外観(ハード)
  • 機能(ソフト)
  • 外部機器

ではW04を1項目ずつ評価していきます。

通信:下り558Mbps!最高708Mbpsの高速通信

W04の下り(ダウンロード)速度は558Mbpsです!「440Mbps」と記載されているサイトがまだたくさん残っていますが、2017年9月1日以降はスピードアップしています。

【公式リリース】「WiMAX 2+」のデータ通信が高速化!下り最大558Mbpsを実現

下り速度によってアプリ・Web・動画サイトを観るときのスピードが決まります。動画は比較的データ量が多く遅くなりがちですが、YouTubeの最高画質の視聴に必要な通信速度でも3Mbpsです。558Mbpsあればどんなデータ量の多いサイトもサクサク動きます!

さらに558MbpsはW04より後に発売されたWX04でもだせません。現在のモバイルルーターの中でも最速です。通信速度を重視するならW04はおすすめですね。

最高速708Mbpsはハイスピードエリア(HS+A)使用時の通信速度です。東京・大阪・名古屋の一部地域だけですし、HS+Aは7GB使うと鬼のような通信制限(128kbps)があるため基本的に使わない。「こんな底力もあるのだなー」くらいに捉えましょう。

バッテリー:最速状態のモードで6.5時間いける

モード バッテリー使用時間
ハイパフォーマンス 約6.5時間
ノーマル 約9時間
バッテリーセーブ 約10.5時間

W04のバッテリーは、最高速で通信するハイパフォーマンスモードで連続6.5時間使えます。

個人的には十分な長さと思っていますが、ルーターにはもっとバッテリー持ちのいい機種があるため評価は難しいところです。

使ってみると6.5時間って十分長持ちなんですよ。外に持ち歩いてパソコン・スマホをW04に繋いで通信しても1日で6.5時間も通信することってほんとにない。丸一日外で持ち歩いても電池切れしたことありません。

ぼくは6.5時間で十分なので常にハイパフォーマンスモード。ノーマルモード以下は使う機会がありません。しかし、中には「足りないよ。」って人もいるかもしれません。そういう人はモバイルバッテリーを携帯するして対策すればいいでしょう。

外観:縦長のスティック型デザインで操作性UP

WiMAXルーター初の縦長のスティック型デザインが採用されています。

縦型ってモバイルルーターではこれまでなかった形なので賛否両論あるみたいなんですけど、使っている感触としてはとても操作しやすい。デザイン的にもこれまでのような「THE・ルーター」って感じゃないところも好き。

外で作業してるときとかスマホみたいに片手で操作できます。コーヒーを飲みながらちょっと通信量みるとかスイッチON/OFF切り替えるとかもできてよい。

機能:Bluetooth接続・WiFiタッチなど

W04の特徴的な機能2つ「Bluetooth接続・WiFiタッチ」を紹介します。

Bluetooth接続

X04はパソコン・スマホとBluetoothを使った接続にも対応しています。

Bluetoothは10m前後の近距離通信に使われる電波です。速度は早くありませんが、消費電力を少ないため、バッテリーを節約できます。

距離が遅いといっても普通のネットサーフィン程度は問題なくできる速度がでます。バッテリーを少しでも長持ちさせたい人には嬉しい機能ですね。

スマホとタッチでWiFi接続

NFC搭載のスマホならX04とタッチさせるだけでWiFi接続ONにできる機能。

近未来的でかっこいいんですけどNFC搭載のスマホじゃないと使えません。また、ポケットの中でスマホとW04がぶつかっただけでも勝手に接続されちゃったり、他人のスマホでもNFC機能があればタッチで接続できたりするデメリットあります。

ぼくのスマホはNFCがないので使えませんが、WiFi接続はめんどうじゃないので正直いうと必要性はそれほど感じない機能。

外部機器:クレードルで有線接続で安定感UP

クレードル(W04の台座)を使えば以下のようなメリットがあります。

  • W04とパソコン・スマホを有線接続してより安定した通信する
  • 置くだけで充電できる(充電忘れ予防)
  • USBケーブル(パソコンから充電するためのケーブル)を酷使しなくていい

WX03・WX04のようにクレードルに受信感度が増すアンテナがついてないのはちょっと残念。クレードルのデザインはその分シンプルでかっこいい。

W04の気になる点/デメリット

少しサイズが大きく感じる

W04は一つ前に販売されたWX03に比べてサイズが大きくなっています。横型と縦型というデザインの差を考慮しても少し大きめ。そのためWX03を長く使った人は最初はこの差が違和感になるかもしれません。

しかし、モバイルルーターは使用時は机の上に置く・かばんの中に入れるという状態になります。スマホのように手に持って使うわけではないためこの程度のサイズの違いは利便性にほとんど関係がありません。

WXシリーズの方がバッテリー持ちは上

W04よりもWXシリーズ(WX03・WX04)の方がバッテリー持ちは長いです。

上で説明したようにW04のバッテリー持ちは必要十分なレベルですが、バッテリー持ちを最重要視する方はWXシリーズのルーターの方が合っていると思います。

W04への世間の評判・口コミ

通信速度・通信感度の評判・口コミは?

X04は通信速度は歴代の最高レベルです。実測値もかなりいい速度がでている口コミが多くみられます。環境次第では100Mbps以上でるところもあるようですね。

場所によって速度が出にくい場所もありますがそれでも10Mps以上の通信速度は確保できるようです.パソコン・スマホに必要な通信速度が1Mbps〜5Mbpsなので通信速度が遅くてストレスが溜まる心配はないでしょう。

ぼくのX04も地下で普通に電波入っています。地下鉄だと駅内までなら電波つかんでいます。(地下鉄が走行中は繋がらない)X04は受信感度も高いというですね。

バッテリーの評判・口コミは?

「X04はバッテリー持ちが悪い」みたいな噂もありますが、丸1日持ち歩いて使う分には十分なバッテリー量がありますよ。

外観・デザインの評判・口コミは?

デザインの評判は好き嫌いがわりとわかれています。昔からWiMAX端末を使う男性は否定的な意見をあげている人が多いようでした。逆に若者や女性には評判がいいようです。

ぼくは個人的にはW04のデザインはかなり好きです。スティック型はデザイン性とユーザビリティを両立したデザインだと思います。

クレードルの評判・口コミは?

クレードルがあればX04とパソコン・ゲームをLANケーブルで有線接続できます。もちろん有線接続しながらの状態でスマホとWiFi接続もできます。

有線接続は、無線でのWiFiと違って周囲の電波の影響を受けません。そのためより安定した通信が実現できます。W04の通信速度を十二分に発揮したいならクレードルを使いましょう。

【まとめ】W04のスペック評価/評判・口コミ

W04の特徴

  • 通信速度558Mbps!最高708Mbpsの速度
  • 縦長のスティック型デザイン
  • ハイパフォーマンスモードで6.5時間いける
  • Bluetooth接続・WiFiタッチ機能あり
  • クレードルがシンプルでおしゃれ

気になる点

  • 少しサイズが大きく感じる
  • WXシリーズの方がバッテリー持ちは上

Webサイト観たり・動画観たりするのに大切なのは「下り」の通信速度です。W04は下り速度558Mbpsと現行のWiMAXルーターの中で最速。モバイルルーター選びにおいて通信速度を最重要視する人にW04はおすすめできます。

また、W04の縦型デザインも他のルーターにはない大きな特徴です。デザインの好き嫌いは色々な意見がありますが、スマホに近い感覚で扱えるので多くの人が使いやすいと感じるはずです。

一方でバッテリー持ちは、W04を含むWシリーズとは別の会社が製造しているWXシリーズの方が性能が上です。バッテリー持ちを重視するならWXシリーズのモバイルルーターを検討した方がいいかもしれません。

モバイルルーターの特徴と自分が重要視する要素がはっきりとわかれば最適なルーターが選べます。他の記事も参考にして自分にぴったりなルーター選びに役立ててください!

-WiMAX, ルーター比較

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.