WiMAX プロバイダ・販売店

プロバイダとしての評判は?UQWiMAXのデメリットと注意点を評価する

更新日:

WiMAXは別途プロバイダを挟まずに回線元のUQ WiMAXと直接契約可能です。その際はプロバイダ機能もUQ WiMAXが担う形となります。

UQ WiMAXと直接契約すれば別のプロバイダを挟まないぶんお得なのでは?と聞かれる事が多いのですが、 WiMAXの場合はむしろ別のプロバイダで契約する方がお得になったりします。

「自分はどのプロバイダが適しているか?」はプロバイダの特徴を理解して判断しましょう。

この記事ではUQ WiMAXの評判やメリットデメリット注意点までまとめるのでプロバイダ選びの参考にしてください。

UQ WiMAXはどんなプロバイダなの?| 評価と評判

プロバイダとしてのUQ WiMAXには通信設備を有する本家ならではの特徴があります。まずは基本情報や評判を解説します。

UQ WiMAXの月額料金

端末送付月(日割り) 1〜2ヶ月目 3ヶ月目以降
ギガ放題 3696 3696 4380
通常プラン 3696 3696 3696

ギガ放題が2・3年プラン、通常プランは2・3・4年プランが選べます。何年プランを選んでも料金は上の表のとおり。

どちらのプランでも端末送付月は3696円を日割り計算して料金が請求されます。通常プランはずっと一定の月額料金ですが、ギガ放題は端末送付月を入れて最大3ヶ月は3696円という割引金額で使える料金設定となっています。

UQ WiMAXのキャンペーン内容

UQ WiMAXは、ギガ放題3年プランの方のみ対象のキャッシュバックをやっています。

▼端末とキャッシュバック金額

  • W05:キャッシュバックなし
  • WX04:5000円
  • L01s/WX03:10000円

人気機種のW05が「キャッシュバックなし」というのが残念ですが、ホームルーターの最新モデルL01sは1万円の対象なのでホームルーター希望者は申し込み時にはキャンペーンをきちんと適量できるように申し込みましょう。

*注意・・・このキャンペーンは、Web申し込み限定のため特設Webページからの申し込みが必要です。

サポートの対応は?

UQ WiMAXのサポートの評判を調べると好意的な口コミが多くみられます。

僕もUQ WiMAXの事を色々と調べるにあたって問い合わをしましたが、オペレーターさんは非常に丁寧で良い印象を持ちました。

サポートが良いとWiMAX初心者の方でも安心して契約できますね。

通信速度はどうか?

わりと知らない方も多いのですが、WiMAXは光回線や格安SIMのように「どこのプロバイダを使うか」で通信品質が変わりません。

そのため「UQ WiMAXだと特別に速い」ということはありませんが、現在のWiMAX2+は下り最大558Mpbs、LTE利用時で708Mbpsまで進化しており、モバイル回線としては非常に快速です。

実測でも数十Mpbsは余裕で確保できるためネットするのに不便に思うことはないはずですよ。

メリット

安心のサポート

UQ WiMAXをプロバイダにする最大のメリットはサポートが信頼できることにあります。

自社で通信設備を所有している分、専門的な知識にも精通しており質問やイレギュラーへの対応力が他のプロパイダと比べると高いのが特徴です。

トラブルが起きた時などは一番頼りになるサポートがあるといってもいいでしょう。

キャッシュバックがもらいやすい

キャッシュバックがあるプロバイダには手続きが複雑な所も多くありますが、UQ WiMAXは比較的カンタンにキャッシュバックを受け取ることができます。

▼キャッシュバック受取手続き

  • 契約月の翌々月にお申込み時に登録したEメールアドレスに連絡がくる。
  • Eメールに記載されたURLのページから受取用の口座情報を入力。
  • 口座情報ご入力後、原則翌営業日までにキャッシュバックが振込みされる。

契約月の翌々月のEメールを見逃さなければオーケー。普段チェックするアドレスを登録しておけば忘れることもないはずです。

口座振替ができる

UQ WiMAXは口座振替に対応した数少ないプロバイダです。

▼口座振替対応プロバイダ

  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE
  • Broad WiMAX
  • @nifty→口座振替対応を終了

現在多くのプロバイダがクレジットカードによる支払いを強化しており、プロバイダ側にコストがかかる口座振替は下火になりつつあります。

UQ WiMAXは数少ない口座振替ができるプロバイダ。口座振替希望の方にとって有力な選択肢の一つとなるでしょう。

2年/3年プランが両方選べる

プロバイダによっては3年プランしか選べない所がある中でUQ WiMAXは2年・3年の両方が選べます。

WiMAXはなるべく短かいスパンでキャッシュバックを受け取りながらプロバイダを切り替えていくのが一番賢い使い方になります。新しい端末を常に使いやすいという面でも3年より2年の方がメリットがあるためおすすめです。

UQ WiMAXは最新端末でも2年契約が選べます。さすが本家!

auスマホの月額料金が最大1000円割引

UQ WiMAXには「auスマートバリューmine」の適用があります。

auスマートバリューmineとはauスマホとWiMAX両方の契約をすると、auスマホの月額料金を最大1000円割引するという割引サービスです。auユーザーには大きなメリットですね。

デメリット/注意点

キャンペーンが物足りない

現在、UQ WiMAXは1万円のキャッシュバックをやっています。

このキャンペーン自体は非常に魅力的ですが、3万円前後のキャッシュバックをしているプロバイダもあることを考えると少し物足りない印象があります。

月額料金がさほど安くない

UQ WiMAXの月額料金は他のプロバイダと比べて安くありません。

▼GMOとくとくBBとBroad WiMAXの通常の料金と比較

プロバイダ名 UQ WiMAX GMOとくとくBB Broad WiMAX
1〜2ヶ月 3696円 3609円 2726円
3〜24ヶ月 4380円 4263円 3411円
25〜36ヶ月 4380円 4263円 4011円

GMOとくとくBBとの差はわずかに見えますが、GMOとくとくBBには3万円を超えるキャッシュバックキャンペーンもあります。実質的な「お得さ」は料金の差より大きいということです。

月額料金やキャッシュバックなどの金銭的な「お得さ」は物足りない部分があります。

端末代がかかる

UQ WiMAXはルーター代がかかります。他のプロバイダには端末代1円や実質0円で提供している所も多いのでこの点はデメリットです。

機種や契約する年数によっても端末代金は変動するのでその点も注意しましょう。

まとめ

UQ WiMAXのメリットデメリットを簡単にまとめると以下のとおり。

▼メリット

  • サポートに安心感がある
  • キャッシュバックが受取やすい
  • 口座振替ができる
  • 2年/3年どちらも選べる
  • auスマホとセットで月額料金最大1000円割引

▼デメリット

  • キャンペーンが物足りない
  • 月額料金がさほど安くない
  • 端末代がかかる

UQ WiMAXはトラブルの際などに頼りになるサポートが欲しい!という方にとてもおすすめできるプロバイダです。

-WiMAX, プロバイダ・販売店

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.