WiMAX

寮・社宅・光回線が引けないアパートで快適なインターネット環境を作る方法

投稿日:

社宅や寮のネット環境に下記のような悩みを持つ方はたくさんいるようです。

  • 寮や社宅のネット環境が遅すぎる
  • そもそもWi-Fi環境がない
  • 自分で光回線を引く許可もでない(宅内工事が禁止)

自分で固定回線を契約したくても壁に穴を開ける必要がある開通工事が禁止されていたりすんですよね。では、「満足できるネット環境は諦めるしかないのか?」というとそんなことはありません。

工事ができない寮・社宅・アパートでも物理的なケーブルが必要ない無線回線(モバイル回線・ポケットWi-Fi)なら使えます。そして、さらにその中でも「月の通信量が無制限の無線回線」を使えば文句なしに満足できるネット環境が作れるはずですよ。

「月の通信量が無制限の無線回線」と文字にするととても難しそうですがこの記事でわかりやすく解説するのでご安心ください。この記事を読了後には寮・社宅で快適なネット環境を作る方法が全て理解できているはずです。

月の通信量が無制限の無線回線とは

無線回線とは

光回線・ADSLが物理的なケーブルを介する「有線」なのに対し、電波のやり取りで通信する回線は「無線」です。

無線回線は下記のような機器(ルーター)で基地局と電波によるデータの送受信を行いネット通信が可能になります。

「ポケットWi-Fi」と呼ばれるモノは全て無線回線です。

月の通信量が無制限とは

「ポケットWi-Fi」の中には月のデータ通信量が5GBなどと決まっているものと月の通信量が無制限なものがあります。

で、寮・社宅などの家の中で使うことを想定すると月の通信量が無制限の方を選ぶべきです。家の中で心起きなくネットサーフィンしたり、YouTubeを観たりしたいなら無制限じゃないと心置きなく使えないですよ。

ただ月の通信量が無制限の回線にも短期的に使いすぎると一定時間速度が遅くなるなどの制限はあるので、申し込み前にはきちんとルールを把握しましょう。

月の通信量が無制限の無線回線の選択肢

通信量が無制限で使える回線は以下3つです。

  • WiMAX
  • SoftBankAir
  • Y!mobile

上3つは「工事なしで使える」「通信量が無制限がある」という点では共通していますが、それぞれ「通信速度・速度制限・月額料金」が異なります。

特徴を把握して最適なサービスを選びましょう。

通信量無制限の無線回線の特徴

  • WiMAX
  • SoftBankAir
  • Y!mobile

3つの回線の特徴を一つずつ解説します。

 WiMAX

月額料金 【UQ WiMAX:ギガ放題】
1〜2ヶ月:3696円
3ヶ月以降:4380円
【Broad WiMAX:ギガ放題】
1〜2ヶ月:2726円
3〜24ヶ月以降:3411円
25ヶ月目:4011
通信速度 【機種:W05】
【下り】
558Mbps
708Mbps(LTE利用時)
【上り】
30Mbps
75Mbps(LTE利用時)
通信制限 3日10GB超えると翌18時〜翌々日2時まで1Mbps
スマホとセット割引 【auスマートバリューmine】
auスマホがあればスマホの月額料金が最大1000円割引

ギガ放題プランで使うと月の通信量を無制限で使えます。

しかし、一切の通信制限がないのではなく3日で10GBを超えるデータ通信を行うと翌日18時〜翌々日2時までの8時間は1Mbpsになる短期の制限はあるためその点は注意しましょう。

また、モバイルルーターだけでなく、自宅専用のホームルーターがあるのも特徴です。

▼ホームルーターL01s

完全に自宅専用で良いならホームルーターを選ぶこともできます。

SoftBankAir

月額料金 【購入】4880円
【レンタル】5370円
特別割引
*2018年8月現在
【はじめようSoftBankAir割(24ヶ月目まで)】
基本1080円割引でおうち割光セットと併用なら580円割引
通信速度 【機種:Airターミナル3】
下り350Mbps
上り15Mbps
通信制限 表記上なし
スマホとセット割引 【おうち割光セット】
ソフトバンクスマホとセットで580〜1080円割引

SoftBankAirは完全に家用の無線回線です。

月の通信量が無制限であり短期の制限も公式の表記上ありませんが、アクセスが集中する時間帯に速度が調整されて一時的に遅くなることはあります。

月額料金は機器を購入するなら4880円ですが、レンタルの場合はレンタル代金が乗って5370円となりますが、2018年8月現在「はじめようSoftBankAir割(24ヶ月目)」を開催中のため最大1080円の割引で2年間は使うことができます。

Y!mobile

月額料金 月額料金3696円(7GB)+アドバンスモード684円=4380円
通信速度 【機種:603HW】
下り612Mbps
上り37.5Mbps
通信制限 3日10GB超えると翌日18時〜翌々日1時まで

Y!mobileは普通に使うと月額料金3696円で7GBの無線回線ですが、有料オプションのアドバンスモード(687円)を使えば通信量無制限で使うことができます。

アドバンスモードにも3日10GBを超えると翌日18〜翌々日1時まで1Mpbsになる短期の速度制限はあります。

寮・社宅におすすめの無線回線

どの回線がどんな人におすすめなのかまとめます。

【WiMAX】万人におすすめ!auユーザーならもっとおすすめ

月額料金の安さ・通信速度・モバイルルーターとホームルーターを選べる使い勝手の良さを総合的に考えると万人におすすめできるのはWiMAXです。

通信速度は下り最大708Mbpsと固定回線の代わりとしても申し分のない速度があります。

3日10GBを超えると1Mbpsになる通信制限がありますが、3日10GBは普通に使っている分にはほとんど達しませんし、制限がかかるとしても夕方以降の一定時間かつ1MbpsであればYouTubeなどは普通に観れるのでそれほど問題ありません。

auスマホユーザーなら割引があるので WiMAXに即決でいいでしょう。

【SoftBankAir】自宅専用ならあり!ソフトバンクユーザーならお得

SoftBanKAirが向いているのは以下のような方です。

  • 完全自宅専用で使う
  • WiMAXの3日10GBの制限が気になる
  • ソフトバンクのスマホ持ちの人

通信速度の面で WiMAXに及びませんが、月額料金の面では、現在開催中の「はじめようSoftBankAir割」を適用することでWiMAXとの差はほとんどなくなります。

ソフトバンクのスマホユーザーならおうち割光セットの1080円の割引も受けられるのでお得に使えます。

【Y!mobile】 上2つに比べてメリットが弱い

WiMAXとSoftBankAirに比べると費用の面でメリットが薄いため3番手の評価になります。

また、無制限で使うためのアドバンスモードのエリアが狭いため、使える範囲が限られることもおすすめの順位を下げる要因となっています。

現段階ではWiMAX・SoftBankAirのエリア外で使えず、Y!mobileのアドバンスモードだけがエリア内という時にしか選ぶべきじゃないと思います。(このケース自体ほとんどありませんが・・・)

まとめ

3つの無線回線を紹介しましたがそれぞれエリア内じゃないと使えないので自分の自宅がちゃんとエリア内入っているかの確認は申し込み前に忘れずにチェックしましょう。

僕はWiMAXで自宅と外のネット通信を全て賄って生活しており、満足のいくネット環境を作れていることから迷うならとりあえず WiMAXでいいんじゃないかと思います。

-WiMAX

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.