WiMAX プロバイダ・販売店

カシモWiMAXの評判は?デメリットと注意点を評価する

投稿日:

カシモWiMAXは月額料金の安さが魅力のプロバイダです。

月額料金が安すぎて心配になる方もいるようですね・・・

料金的には魅力のあるプロバイダですが、端末に新古品が使われていたり、他のプロバイダにはある割引がないなど注意点もあります。契約前には特徴をきちんと把握しましょう。

そこでこの記事ではカシモ WiMAXのメリットデメリットや評判までまとめます。

読んでいただければカシモWiMAXがどんなプロバイダなのか?契約すべきなのか?が見えてくるはず!ぜひ参考にしてください。

カシモWiMAXはどんなプロバイダ?

まずは「カシモWiMAXはどんなプロバイダなのか?」を知りましょう。

プロバイダとしての特徴や料金の基本情報をまとめます。

新古品を活かすユニークなプロバイダ

カシモWiMAの特徴は、新古品を使うことで月額料金を低価格にしている点にあります。

親会社がリユース関連企業であるため店舗との繋がりがあり、新古品を譲ってもらえるとのこと。元々は新古品のみの取り扱いでしたが、現在は新品の取り扱いも初めているので新品を選ぶこともできます。

基本的に「月額料金の安さ」で勝負するタイプのプロバイダであるため高額なキャッシュバックなどはありません。

「最安級プラン」と「新端末プラン」の2種類がある

カシモWiMAXには「最安級プラン」と「新端末プラン」の2つのプランがあります。2年契約のみが可能です。

「最安級プラン」のルーターは新古品で、「新端末プラン」は新品を使うプランです。「最安級プラン」の方は新古品のため「新端末プラン」より月額料金が安くなっています。

それぞれを詳しくみていきましょう。

最安級プラン

初月 1〜2ヶ月 3〜24ヶ月目 25ヶ月目以降
ギガ放題 0 1380 3380 4079
ライトプラン(7GB) 0 1380 2680 3379

最安級プランで選べる端末は「W04」と「Triprouter」の2種類です。「Triprouter」の詳細は下記のメリットの項目で説明します。最安級プランの機器は全て新古品です。

ギガ放題は初月無料で1〜2ヶ月目は1380円という驚異の低価格。3ヶ月目でも3380円です。本家UQWiMAXの1〜2ヶ月目が割引価格3696円だと考えるとかなり安いプランとなっています。

新端末プラン

初月(日割なし) 1ヶ月目 2〜24ヶ月目 25ヶ月目以上
ギガ放題 1380 1380 3580 4079
ライトプラン(7GB) 1380 1380 2980 3379

新端末プランではW05とL01sを選べます。新品の端末を使うぶん最安級プランと比べて少しだけ料金が上がる。

最安級プランと新端末プランのどちらがいいかは金額差を飲んででも新端末を使いたいかどうかで判断することになります。

メリット

月額料金が安い

カシモWiMAXの月額料金の安さはトップクラス。

どれくらい割り引かれているのか知るために本家UQWiMAXのギガ放題と比べてみましょう。

▼UQ WiMAX「ギガ放題/2年契約」と比較

UQ WiMAX カシモ(最安級プラン) カシモ(新端末プラン)
初月 3696 0 1380
1ヶ月目 3696 1380 1380
2ヶ月目 3696 1380 3580
3〜24ヶ月目 4380 3380 3580
2年合計 107448 77120 85100

本家UQ WiMAXの月額料金よりカシモ WiMAXは大幅に安いことがわかります。特に「最安級プラン」は2万円以上安く「新端末プラン」との間にも約8千円もの違いがある・・・カシモWiMAXの最大のメリットはやっぱり最安級プランですよ。

最安級プランを選ぶ時に気になるのは最新端末じゃないってことだと思いますが、最安級プラン対応のW04は最新端末のW05と「下り速度」は同じなので普通にネットをするだけの方には違いがなかったりします。

W04とW05の違いがわかると「W04でも別にいいじゃん」っていう人はわりと多いと思います。興味があればW04とW05の比較記事で確認してみましょう。

Triprouterが選べる

最安級プランの対応端末に「Triprouter」があります。Tripsrouterは他のプロバイダでは取り扱いがありません。

Triprouterは以下3つの機能を搭載してます。

  • モバイルWi-Fiルーター( WiMAX)
  • モバイルバッテリー
  • USB接続データカード

1台で3種類の役割ができる多機能端末!「これが欲しかった」となる方も少なくないではないでしょうか。

ただしTriprouterのモバイルルーターとしての下り速度は220Mbpsです。ルーター専用端末の「W04」や「W05」は下り速度556Mbpsを実現していることを考えるとルーター性能としては見劣りします。

そうはいっても下り速度220Mbpsもあれば普通にネットするのに不便なことはありません。バッテリーとルーターを別々に持ち歩くのが嫌な人にはぴったりの機器だといます。

端末0円!解約の時にも残債の心配なし

カシモWiMAXは端末代金0円。「実質」0円ではなく完全に無料です。

実質0円のプロバイダは、端末代金は一旦発生はするけどもそれを分割請求にして分割請求の金額と同じ額を割り引くという形で2年後にはルーター代金の債務が完全に無くなりますよという仕組みです。そのため途中解約するとまだ消化されていな残債の請求をされることもあったりするんです・・・

それがカシモWiMAXなら正真正銘の0円!契約後には残債の心配をする必要がありません。

オプション加入が不要

他のプロバイダでは契約時にオプション加入が必要な所も少なくありませんが、カシモ WiMAXはその必要がありません。

たとえばBroadWiMAXだと初期費用を無料にするキャンペーンの適用を受けるために申し込み時にはオプション加入して利用開始後に解除を手続きを取らないといけなかったりします。このオプション解除を忘れて使いもしないプロション料金を延々支払っている人は少なくないんですよ・・・

カシモWiMAX最初からつけないことができるので解除する手間や解除忘れのリスクがありません。

デメリット

他社キャッシュバックの方が実質的にお得

カシモWiMAXの月額料金は非常に低価格ですが「実質費用」では高額キャッシュバックがあるプロバイダの方がお得です。

「実質費用」とはキャッシュバックを計算にいれた金額のことです。

▼実質費用の公式

事務手数料+(月額料金×期間)ーキャッシュバック=実質費用

本当に一番お得な契約がしたいなら高額キャッシュバックがあるGMOとくとくBBがおすすめですが、「キャッシュバック受取が面倒くさいな・・・」という方は月額料金が安いカシモWiMAXの方が向いています。

3年契約(LTEオプション無料)が利用しにくい

2年契約のみのカシモWiMAXでは3年契約によるLTEオプション無料の選択肢がありません。

2年契約の場合、LTEを一度でも使った月にはLTE利用料として別途1000円が発生します。そのため、もしLTEをガンガン使う予定があるなら別のプロバイダで3年契約をしてLTEオプションを無料にした方がお得となります。

*LTE(ハイスピードプラスエリア)の利用には厳しい制限もあるので基本的には使わないことを推奨します。(僕は全く使わない)

【関連】ハイスピードプラスエリアとは?注意点とデメリットを丁寧に解説

auスマートバリューmineがない

カシモWiMAXにはauケータイの月額料金を割引するauスマートバリューmineがありません。

auスマートバリューmineを適用すればauケータイの月々の料金を最大1000円割引することができます。

auケータイを持っているならauスマートバリューmineが使える他のプロバイダを使った方がお得です。

まとめ

カシモ WiMAXのメリットデメリットを簡単にまとめると以下のとおり。

▼メリット

  • 月額料金が安い
  • Triprouterが使える
  • 端末0円で残債心配なし
  • オプション加入が不要

▼デメリット

  • 他社キャッシュバックの方が実質的にお得
  • 3年契約(LTEオプション無料)がない
  • auスマートバリューmineがない

カシモWiMAXは「2年契約かつ月額料金が安いところがいい」方に非常におすすめのプロバイダです。

-WiMAX, プロバイダ・販売店

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.