WiMAX

一人暮らしのインターネットにWiMAXがおすすめな理由

更新日:

一人暮らしのインターネット環境の構築にはWiMAXがおすすめです。

「なぜWiMAXがおすすめなのか?」

その理由をわかりやすく書きますので、ぜひご一読ください。

一人暮らしにWiMAXがおすすめな理由

通信料金を安く抑えられる

WiMAXなら一人暮らしの家計全体に占める通信料金を節約できます。ただこれはWiMAXの月額料金が安いからではありません。

実は、WiMAXそれ自体は光回線とほとんど月の料金は変わらないんですよ。

↓WiMAX(とくとくBB)と光回線

回線 戸建て 集合住宅(マンションなど)
WiMAX(とくとくBB) 1ヶ月〜2ヶ月:3609円
3ヶ月以降:4263円
auひかり 5100円 3800円
ドコモ光 5200円 4000円
ソフトバンク光 5200円 3800円

マンションだと光回線の方がわずかに安いくらいです。では、何故WiMAXが通信料金の節約に結びつくのか。それは、WiMAXを使えばスマホのデータ通信を肩代わりさせられることが関係しています。

WiMAXをカバンに放り込んで外でも繋ぎっぱなしにすれば、スマホのデータ通信は使わずネットできます。そのぶんスマホのデータプランを下げて月額料を安くできるというわけです。

↓例:ドコモのデータパックの料金表

データパック 月額定額料
30GB 8000円
20GB 6000円
5GB 5000円
2GB 3500円

ドコモを例にしていますがどのケータイ会社(+格安sim)でも同じくデータ量と料金は比例します。そのためデータプランを下げれば月のスマホ代は節約できます。

また、WiMAXなら月の通信量に上限はありません。僕はケータイのデータパックは1GBですが、スマホとWiMAXの組み合わせで外でもYouTubeなどの動画をよく観ています。

通信速度は十分な速さがある

WiMAXの通信速度は自宅用のネット回線として必要十分なクオリティがあります。最新のWiMAXルーターW05が下り最大速度558Mbpsですが、これは少し前の光回線より速いです。

もちろん実際は理論上の最大速度はでませんが、それでも普通にネットする分には全く問題ないレベルの速度があります。

あまり知られていませんが、最もデータ通信の量が多く、通信速度が求められる動画サービスですら3Mbpsあればスムーズに再生できるんですよ。つまり、もし実際の速度が10〜90Mbps程度になったとしても快適なネットができるということです。

自宅は固定回線じゃないとキツイ!という考えはもう古いということですね。

*WiMAX2+のエリア内かどうかは大事なのでエリアチェックは必須です。

【エリアチェック】→WiMAX2+のエリアマップ

モバイルルーターは機動力が高い

WiMAXは「無線」通信です。モバイルルーターさえあれば通信ができます。そのため光回線などの固定回線系のネット通信にはない機動力があります。

工事がいらない

WiMAXを使うにはモバイルルーターだけがあればいいいので、宅内のケーブル配線などの工事が全く必要ありません。

契約してモバイルルーターを受け取れば、スイッチをオンにするだけですぐに使えます。

光回線の工事は申し込みから数週間後に開通なんてこともザラにあり、開通工事料がかかることもありますが、WiMAXにはそんな心配がありません。気軽に開通までいけるので引越しの予定があったり、転勤が多い方にはとてもメリットがありますね。

外でもインターネットができる

モバイルルーターを持ち運んで外でもインターネットを繋げます。

学生さんであれば家の近くのマクドナルドでレポートを作成したり、社会人であればスタバでPC作業したりするときに活躍します。

外でネットを繋いでパソコン作業する予定があるなら、必ずモバイル回線が必要です。そのときに光回線+ポケットWiFiのように2回線を契約するのではなく、両方に対応できるWiMAXを1つだけ契約する方が費用も安くてお得なのはわかるはず。

無線通信ならではの機動力の良さはとても魅力ですね。

まとめ

一人暮らしにWiMAXがおすすめな理由はご理解いただけでしょうか?自宅は固定回線じゃないとダメなんて考えはもう古いですね。

現に僕は一人暮らしをしていてWiMAXにてネット通信していますが、非常にコスパの高いネット環境が作れています。

きちんと検討して自分に最適な環境を選べるようにしましょう。

-WiMAX

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.