WiMAX プロバイダ・販売店

【徹底比較】GMOとくとくBBとカシモWiMAXのおすすめはどっち?

投稿日:

GMOとくとくBBとカシモWiMAXはどちらもネット上でおすすめに上げられることが多い人気のプロバイダです。

GMOとくとくBBは高額キャッシュバックのキャンペーンでよく知られており、一番お得な契約ならココ!という感じでよく紹介されています。

一方、カシモWiMAXの方は月額料金の安さにメリットがある新興プロバイダですね。

この2つのプロバイダで迷われている方が非常に多いようなので、この記事ではGMOとくとくBBとカシモWiMAXを徹底的に比較してどちらを選ぶべきか?をまとめます。

GMOとくとくBBとカシモWiMAXの比較まとめ

GMOとくとくBBとカシモWiMAXの比較表は以下のとおり。

プロバイダ GMOとくとくBB カシモWiMAX
契約期間 ◎2年・3年 ○2年
月額料金 ◎キャッシュバックと月額料金割引両方ともお得 ○とても安い!月額料金割引型プロバイダ
キャンペーン ◎高額キャッシュバック、月額料金割引、得の極み △キャンペーンとくになし
ケータイとのセット割 ○auスマートバリューmineあり ×auスマートバリューmineなし
端末 ◎必要な端末は全て選べる ○WX04がない代わりにTriprouterがある
サポート △メール・電話サポートあり △メール・電話サポートあり
解約・違約金 ○キャッシュバックキャンペーンだけ違約金上がる ◎普通の違約金のみ

比較項目は以下7つ。

  1. 契約期間
  2. 月額料金
  3. キャンペーン
  4. ケータイとのセット割
  5. 端末
  6. サポート
  7. 解約・違約金

それでは一つずつ詳しくみていきましょう!

契約期間

GMOとくとくBB カシモWiMAX
契約期間 2年契約・3年契約 2年契約

GMOとくとくBBは2年・3年の両方があるのに対し、カシモWiMAXは2年契約のみの提供となっています。

3年契約は2年契約と比べて更新月が遅くなるマイナスがありますが、1005円のLTE利用料が無料になるプラス面もあり。

注意

LTEを使うハイスピードプラスエリアモードにはリスクがあります。LTE利用を前提に契約するならハイスピードプラスエリアのデメリットは確認しておきましょう!

月額料金の比較

月額料金はGMOとくとくBBの方が安いです。

カシモWiMAXの方も月額料金の安さをウリにしていますが、GMOとくとくBBにはカシモWiMAXを上回るほど安いキャンペーンがあります。

両プロバイダの料金プランとその比較をみていきましょう。

 GMOとくとくBBの月額料金

GMOとくとくBBは3種類のキャンペーンを展開しており、キャンペーンごとで料金プランが異なります。

  1. キャッシュバックキャンペーン
  2. 月額割引キャンペーン
  3. 得の極みキャンペーン

上から一つずつ紹介します。

1.キャッシュバックキャンペーン
プラン 年数 1〜2ヶ月目 3〜24ヶ月 25ヶ月以降 合計
ギガ
放題
2年
3年
3609 4263 4263 2年:101004
3年:152160
通常
プラン
3609 3609 3609 2年:86616
3年:129924

料金プランだけみると3種類のキャンペーンの中で一番高くみえるかもしれません。

しかし、「キャッシュバックキャンペーン」なのでこの料金プランに3万円〜4万円のキャッシュバックがついてきます。キャッシュバックを計算に入れると3種類のキャンペーンの中で一番お得なキャンペーンとなります。

2.月額料金割引キャンペーン
プラン 年数 1〜2ヶ月目 3〜24ヶ月 25ヶ月以降 2年合計
ギガ放題 2年 2590 3344 4263 78748
通常プラン 2590 2690 3609 64360
プラン 年数 1〜2ヶ月目 3〜36ヶ月 37ヶ月以降 3年合計
ギガ放題 3年 2170 3260 4263 115180
通常プラン 2170 2690 3609 95800

旧鬼安キャンペーン。今は特に決まったキャンペーン名称がないので仮に「月額料金割引キャンペーン」と呼ぶことにします。

WiMAX検討中の方の中にはキャッシュバックの受取が面倒だから、月額料金の割引でメリットを受けたいという方もいるでしょう。そういった希望に答えるための、キャッシュバックはない代わりに月額料金を安くしたキャンペーンです。

3.得の極みキャンペーン

・極みコース(対象端末:W05・L01S)

プラン 年数 1ヶ月目 2〜24ヶ月 25ヶ月以降 2年合計
ギガ放題 2年 800 3480 4263 80840
通常プラン 800 2900 3609 67500

・お得コース(対象端末:W04)

プラン 年数 1〜2ヶ月 3〜24ヶ月 25ヶ月以降 2年合計
ギガ放題 2年 800 3344 4263 75168
プラン 年数 1ヶ月目 2〜24ヶ月 25ヶ月以降 2年合計
通常プラン 2年 800 2670 3609 62210

初月800円という超低価格から始まるキャンペーンです。対象端末が異なる「極みコース」と「お得コース」の2種類のコースから成ります。

上の「月額料金割引キャンペーン」と合計を比べると「お得コース」は対応端末がW04に限定される代わりに「月額料金割引キャンペーン」の2年契約より安い。

カシモWiMAXの月額料金

カシモWiMAXには2つのプランがあります。

・最安級プラン(対象端末:Triprouter)

年数 1〜2ヶ月 3〜24ヶ月目 25ヶ月目以上 2年合計
ギガ放題 2年 1380 3380 4079 77120
通常プラン 1380 2680 3379 61720

・新端末プラン(対象端末:W05・L01S)

年数 1ヶ月目 2〜24ヶ月目 25ヶ月目以上 2年合計
ギガ放題 2年 1380 3580 4079 83720
通常プラン 1380 2980 3379 69920

最安級プランはルーター端末を新古品にする代わりに月額料金を安くなったプラン。多機能ルーターTriprouterが対象端末です。

新端末プランは新品のW05・L01Sが対象端末です。最安級プランと比べると2ヶ月目から少し料金は上がりますが、標準的なプロバイダと比べると非常に安い価格になっています。

GMOとくとくBBとカシモWiMAXの月額料金の比較

カシモWiMAXが2年契約のみなので2年契約の月額料金の合計のみをまとめます。

まずはギガ放題から。

▼ギガ放題の比較

プロパイダ キャンペーン 2年合計 お得さ順位
GMOとくとくBB キャッシュバック 101004
(CB約3万円を計算に入れると最安)
6位
(CB含むと最安1位)
月額料金割引 78748 3位
【得の極み】
極みコース(W05/L01S)
80840 4位
【得の極み】
お得コース(W04)
75168 1位
カシモWiMAX 最安級プラン
(Triprouter)
77120 2位
新端末プラン
(W05・L01S)
83720 5位

最も安いのはGMOとくとくBBの「得の極みキャンペーンお得コース」ですが、端末が旧型のW04のみという縛りがあります。2番目に安いカシモWiMAXの最安級プランもTriprouterという特殊な多機能端末のみの取り扱いです。

そのためW05・WX04・L01sのような最新端末を使うなら月額料金の比較では3番目のGMOとくとくBBの「月額料金割引キャンペーン」もしくは、キャッシュバックを計算に入れると実質的にぶっちぎり一位となる、GMOとくとくBBの「キャッシュバックキャンペーン」を選びましょう。

個人的には実質的な一番お得なキャッシュバックキャンペーンがおすすめです。

続いて通常プランの比較です。

▼通常プランの比較

プロパイダ キャンペーン 2年合計 お得さ順位
GMOとくとくBB キャッシュバック 86616
(CB約3万円を計算に入れると最安)
6位
(CB含むと最安1位)
月額料金割引 64360 3位
極みコース(W05/L01S) 67500 4位
お得コース(W04) 62210 2位
カシモWiMAX 最安級プラン(Triprouter) 61720 1位
新端末プラン(W05・L01S) 71300 5位

ギガ放題とは1位と2位が逆になるだけであとは同じです。

キャッシュバックを含めると実質的にはGMOとくとくBBの「キャッシュバックキャンペーン」が一番お得なことなどもかわりません。

キャンペーンの比較

GMOとくとくBB

  1. キャッシュバックキャンペーン
  2. 月額料金割引キャンペーン
  3. 得の極みキャンペーン
カシモWiMAX

とくになし

GMOとくとくBBには料金プランが違う3つのキャンペーンありますが、カシモWiMAXの方はとくにキャンペーンは展開していません。

「キャッシュバック型のキャンペーン」と「月額料金割引型のキャンペーン」の両方を用意しているGMOとくとくBBの方がキャンペーンの充実度としては大きく上回っているといっていいでしょう。

ケータイとのセット割の比較

GMOとくとくBBには「auスマートバリューmine」がありますが、カシモWiMAXではやっていません。

auスマートバリューmineとは、auケータイとWiMAXを両方契約するとauケータイの月々の料金が最大1000円割引になるというセット割サービスです。

カシモWiMAXにはセット割がないので、auユーザーならGMOとくとくBBを使った方がお得ということですね。

端末・ルーター機種の比較

GMOとくとくBB

  1. W05
  2. WX04
  3. L01S
  4. W04
カシモWiMAX

  1. W05
  2. L01S
  3. Triprouter

GMOとくとくBBはバランスよく端末を取り扱うのに対し、カシモWiMAXはモバイルルーターで一番人気のW05、ホームルーターの最新端末L01S、多機能端末Triprouterと最小限の取り扱いとなっています。カシモWiMAXにはWXシリーズがありません・・・

カシモWiMAXにあるTriprouterは一台でモバイルルーター・USB・モバイルバッテリーの3役を担える多機能が魅力の端末ですが、通信速度などは専用ルーターに劣ります。

特殊な使い方を希望しない限りは基本的には速度がでる専用ルーターの方が使いやすいです。つまり、専用ルーターの取り扱い種類が多いGMOとくとくBBの方が端末の選択肢としては充実しているといえます。

サポートの比較

サポートの充実度はほぼ同レベルという評価になります。

GMOとくとくBBは一番人気のプロバイダであるため、ユーザーが多すぎてサポートセンターへの電話が繋がりにくい時間帯があります。一方のカシモWiMAXは新興プロバイダであるため、まだサポート体制に信頼感がある状況ではありません。

そのため現段階で「こっちのサポートの方が良い!」と言い切るのは難しいです。ハッキリとした優劣はつきませんが、両プロバイダともに平均的なサポート品質はあるのでそれほど心配する必要はないでしょう。

解約・違約金の比較

GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
GMOとくとくBB
(月額割引・得の極み)
カシモWiMAX
1~12ヶ月目 24800 19000 19000
13~24ヶ月目 24800 14000 14000
25ヶ月目以降 9500 9500 9500
更新月
(2年は25ヶ月目、3年は37ヶ月目)
0 0 0

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを適用すると1ヶ月目〜24ヶ月目の解約金が上がります。キャッシュバックが非常に高額なので支払ってすぐに辞められるのは困るということだと思います。

キャッシュバック以外のキャンペーンは、カシモWiMAXと同じくWiMAXの標準的な違約金となっています。

GMOとくとくBBとカシモWiMAXはこんな人におすすめ

GMOとくとくBBはこんな人におすすめ

  • 高額キャッシュバックが欲しい
  • 月額料金が安いプロバイダがいい
  • 2年・3年契約を選びたい
  • auケータイのユーザー

比較した多くの項目でGMOとくとくBBの方が上回っています。一番お得なプロバイダで間違いなにので基本的にはGMOとくとくBBの方がおすすめです。

3種類のキャンペーン( 略:CP)の選択基準は以下のとおり

  • キャッシュバックCP・・・実質一番お得で一番おすすめ!ほとんどの人がこれ。
  • 月額料金割引CP・・・キャッシュバックが面倒でW05・L01S・W04で契約したい。
  • 得の極みCP・・・キャッシュバックが面倒でWX04で契約したい。

それぞれ申し込みページが違うので希望とは違いキャンペーンページから申し込みしないように注意しましょう。

カシモWiMAXはこんな人におすすめ

  • 2年契約がしたい
  • 月額料金割引型のプロバイダがいい
  • Triprouterが使いたい

カシモWiMAXは2年契約ができて月額料金の安さを求める方におすすめできます。

また、多機能ルーターであるTriprouterを使える数少なプロバイダであるため、Triprouterを使いたい方におすすめのプロバイダです。

-WiMAX, プロバイダ・販売店

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.