ポケットWi-Fi

ドコモのモバイルwifiルーターの評判は悪い?おすすめできない理由を解説する

投稿日:

モバイルWiFiルーターを契約しようと考えていてドコモを候補に入れている方は考え直す事をおすすめします。

現状ドコモは、モバイルWiFiルーターに関して全く力を入れていません。

そのため、今すでにドコモでスマホを契約しているドコモユーザーでモバイルWiFiルーターが欲しいと考えいる人でもドコモ以外の他の所で契約する方がコスパが良いです。

しかし、「おすすめじゃない」という結論だけでは納得できませんよね。

この記事ではドコモのモバイルWiFiルーターについてサービス内容からおすすめできない理由までを徹底的に解説します。

現在ドコモでのモバイルWiFiルーターを検討中の方はご一読ください。

ドコモのモバイルWiFiルーターとは

まずは、ドコモのWiFiルーターの通信プランから解説します。

ドコモのプランの概要

ドコモにはモバイルWiFiルーター専用のプランはありません。

スマホのデータプランと同じプランがモバイルWiFiルーターにも適用されます。

基本はスマホのデータプランなので公式HPでは、SMS料金などもゴチャ混ぜで記載されていて、モバイルWiFiルーターにとって重要な「通信量と料金」がイマイチわかりにくいです。

そこで以下では公式HP記載のプランから「通信量と料金」だけに着目してまとめます。

通信プラン

通信プランは「ギガホ」と「ギガライト」の2種類があります。

スマホを契約する場合

スマホ契約の場合は「ギガホ」と「ギガライト」に加えて音声プランの選択も必要ですが、音声プランはモバイルWiFiルーターには関係ないのでここでは省略します。

ギガホ

通信量 定期契約あり 定期契約なし
月額料金 30GB 6980円 8480円

ギガホは、月の通信量がMAX30GBのプランです。

「定期契約あり」と「定期契約なし」によって月額料金が異なります。

「定期契約あり」は、2年間の定期契約を約束する代わりに月額料金が安くなる料金プランです。2年契約が前提となるため途中解約すると解約違約金として9500円が発生します。

一方、「定期契約なし」は月額料金は割高ですが、どのタイミングで解約しても違約金は生じないプランとなっています。

ギガライト

通信量 定期契約あり 定期契約なし
月額料金 ~1GB 2980円 4480円
~3GB 3980円 5480円
~5GB 4980円 6480円
~7GB 5980円 7480円

ギガライトは、その月に使った通信量によって月額料金が変動するプランです。最大7GBまで利用できます。

ギガホと同じく「定期契約あり」と「定期契約なし」によって料金が異なります。

【オプション】スマホと通信量をシェアする時に必要

スマホとタブレット、スマホとモバイルWiFiルーターのように、ドコモの異なる端末同士で通信量の容量をシェアする時には「データプラス」オプションも必要です。

データプラス

定期契約あり 定期契約なし
月額料金 1000円 2500円

データプラスは、端末ごとにデータ通信量をシェアするためのオプションです。

ドコモのスマホで「ギガホ」を契約して30GBの通信量を得れば、タブレットの方はデータプラスを付けるだけで、スマホの「ギガホ」の通信量30GBを共有して使えます。

スマホとモバイルWiFiルーターの通信量を共有したい時にもデータプラスを使います。

ドコモのモバイルWiFiルーターをおすすめできない理由

上記、プラン内容を踏まえた上でドコモのモバイルWiFiルーターが微妙な理由は3つ。

  1. 非ドコモユーザーだと高すぎる
  2. ドコモユーザー(スマホ所有者)でもコスパが悪い
  3. ドコモならではのメリットも薄い

一つずつ解説します。

1.非ドコモユーザーだと高すぎる

まず、非ドコモユーザー(現在ドコモのスマホ契約などがない人)が、ドコモのモバイルWiFiルーターだけを単独契約するのは、あまりに割高なのでおすすめできません。

どれくらい割高なのかは、他の会社のモバイルWiFiルーターと比べるとわかりますね。

以下が人気のモバイルWiFiルーターである「UQ  WiMAX」と「Y!mobile」との比較表です。

▶︎ドコモは定期契約ありの料金で比較

回線 プラン 通信量 月額料金
ドコモ
(docomo)
ギガホ 30GB 6980円
ギガライト ~7GB 5980円
UQ WiMAX ギガ放題 無制限 1〜2ヶ月:3696円
3ヶ月以降:4380円
通常 7GB 3696円
Y!mobile Poket Wi-Fiプラン2
+アドバンス
無制限 4380円
Poket Wi-Fiプラン2 7GB 3696円

ドコモは30GBで6980円ですが、UQ WiMAXとY!mobileなら4380円あれば月の通信量が無制限で使えます。

また、7GBでもドコモは5980円ですが、UQ WiMAXとY!mobileなら3696円。

他の人気回線と比べるとドコモだけが割高な料金設定となっている。

2.ドコモユーザー(スマホ所有者)でもコスパが悪い

ドコモのスマホを利用しているドコモユーザーであっても、ドコモでモバイルWiFiルーターを契約するのはおすすめではありません。

一応、ドコモユーザーで、スマホのモバイルWiFiルーターを所有しているなら、上で紹介した単独契約とは違った方法として、スマホとモバイルWiFiルーターの通信量を共有する契約ができます。

その場合、モバイルWiFiルーターでは「データプラス」を契約するだけなので月のスマホ代にデータプラス料+1000円だけでモバイルルーターWiFiルーターが持てる。

この形だと一瞬お得そうに感じるかもしれません。

しかし、月の通信量30GBを使いきる可能性が高まりますし、30GBを越えるとスマホの速度まで月末まで落ちてしまうので、スマホとモバイルWiFiルーター両方の使い方に細かく気を配る事になります。

また、これに気づくと本当に元も子もないのですが、スマホでテザリングすれば同じような状態を作れるんですよ。ドコモのスマホはテザリング無料です。

スマホのテザリングならスマホ1台で管理しやすいですし、データプラス料1000円を省ける分だけ安くなります。

テザリングとは

テザリングとは、スマホを外付けWiFiルーターのように用いて、他の機器をインターネットに接続すること。

ドコモのスマホとモバイルWiFiルーターの通信量を共有して使う方法は、スマホの月額料金に+1000円で出来るが、それならスマホでテザリングした方がお得なので、そもそもやる意味がありません。

ドコモのモバイルWiFiルーターは、単独契約だと他と比べて高めというだけでなく、ドコモのスマホと組み合わせて契約するメリットも特にないのです。

3.ドコモならではのメリットも薄い

デメリットの解説が多めなので、少し無理にでもメリットに着目して総評をまとめます。

以下2点はドコモのモバイルWiFiルーターのメリットだといえるかと思います。

  • ドコモの通信回線(LTE)は速度がはやい
  • 電波が届くエリアが広い

ドコモの回線は昔から通信速度や対応エリアが優秀な事で知られていますね。

しかし、昔と比べてWiMAXやY!mobileの通信速度も飛躍的に向上し、対応エリアも広がりました。ドコモの回線は以前から変わらず優秀ですが、既にその他の回線との差はそれほどなくなっています。

ドコモのモバイルWiFiルーターのメリットは上記で挙げた回線品質くらいです。そうなると、どうしてもコスパの悪さというデメリットの方が大きく上回っているという評価になるのは仕方がないでしょう。

メリットもしっかりと含めて評価しても「ドコモのモバイルWiFiルーターはおすすめできない」という結論になります。

まとめ

ドコモのモバイルWiFiルーターは、現在ドコモでスマホを契約しているドコモユーザーであってもメリットが薄いサービスです。

モバイルWiFiルーターの契約先としてはおすすめできません。

このサイトでは、ドコモよりもコスパの優れた契約先をいくつも紹介しています。

他の記事も参考にして、自最適なモバイルWiFiルーターを探すのに役立ててください!

▼他に読まれている記事

-ポケットWi-Fi

Copyright© ギガブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.