WiMAX プロバイダ・販売店

クラウドモバイルの特徴は?メリットと注意点を徹底評価する

投稿日:

新興のプロバイダであるクラウドモバイルって正直どうなの?という事をまとめます。

クラウドモバイルは、比較的新しいプロバイダという事もあってネット上にもそれほど詳しい情報がありません。

そこで、この記事ではクラウドモバイルのメリットとデメリットを徹底的に評価して解説します。ぜひ参考にしてください。

クラウドモバイルとは

料金プラン

1〜2ヶ月 3〜23ヶ月 24ヶ月目
ギガ放題 2800 3500 4100

クラウドモバイルは、ギガ放題の3年契約のみを提供しています。

この料金にプラスしてキャンペーンによるAmazonギフト券が貰える。

キャンペーン

クラウドモバイルは、Amazonギフト券1万円をキャッシュバックするキャンペーンをやっています。

現金でのキャッシュバックとは異なりますが、Amazonで使えるギフト券であれば、実質的に何にでも使えるのと同じなので、ほとんどの人にとって現金でのキャッシュバックと意味合いは変わらないのではないでしょうか。

1万円のキャッシュバックがあるのと同じ価値のあるキャンペーンだと考えていいでしょう。

クラウドモバイルの良い所・メリット

メリットは3つ

  1. 月額料金が安い
  2. キャッシュバックが受け取りやすい
  3. オプション加入への必要がない

一つずつ紹介します。

1.月額料金が安い

クラウドモバイルは、月額料金の安さが特徴のプロバイダです。

通常、キャッシュバックプレゼントがあるプロバイダだと月額料金が高めになりがちなのですが、クラウドモバイルは1万円(Amazonギフト券)がありながらも毎月の支払いも低価格。

月々の支払い料金を抑えたい人に向いているプロバイダだといえるでしょう。

2.キャッシュバックが受け取りやすい

クラウドモバイルのキャッシュバック(Amazonギフト券)は、他のプロバイダの現金キャッシュバックと比べて「受け取りが簡単」という特徴があります。

受取が簡単な理由は、契約後にすぐにキャッシュバック手続きに入れることが要因です。

通常のプロバイダだとキャッシュバック受取手続きは、契約後に半年以上の期間が経過したタイミングで、メールもしくは会員ページから受取用の口座情報を登録することで行われます。

それが、クラウドモバイルだと契約後すぐに手続きできる。

▼他プロバイダとの比較

  • クラウドモバイル・・・契約からクーリングオフ期間(8日後)経過後
  • GMOとくとくBB・・・契約から11ヶ月目
  • BIGLOBE・・・契約から7ヶ月目
  • @nifty・・・契約から11ヶ月目

期間が空くと手続きの存在を忘れて手続き期限を過ぎ、受取できなくなるリスクが生まれますが、クラウドモバイルの場合、即手続きに入るのでその心配がありません。

3.オプション加入への必要がない

クラウドモバイルは、契約時に不必要なオプション加入をする必要がありません。

他のプロバイダでは契約時にオプション加入が必要な所も少なくありませんが、クラウドモバイルはその必要がありません。

たとえばBroadWiMAXなら初期費用無料のキャンペーン適用の条件として申し込み時のオプション加入が必須となっています。こういったプロバイダだと利用開始後にオプション解除手続きが必要になる。解除を忘れると使わないオプション料を払うことにもなります。

クラウドモバイルでは最初からオプションをつけない選択ができるので解除の手間や解除忘れのリスクが生じません。

クラウドモバイルの足りない所・注意点・デメリット

デメリットは以下4つ

  1. 解約金が高い
  2. 24ヶ月以内の解約は端末違約金が発生
  3. 最新端末が選べない
  4. auスマートバリューmineがない

一つずつ説明します。

1.解約金が高い

クラウドモバイルの途中解約時の違約金は他プロバイダの平均より高めです。

UQ WiMAX
(一般的な解約金)
クラウドモバイル
1ヶ月目~12ヶ月目 19000円 30000円
13ヶ月目~24ヶ月目 14000円 25000円
25ヶ月目~36ヶ月目 9500円 25000円
37ヶ月目以降 9500円 9500円
更新月(37ヶ月目) 0円 0円

一般的な解約金と比べると契約期間3年間(1ヶ月目〜36ヶ月目)ずっと解約金は高くつくことがわかる。

クラウドモバイルを契約する時は更新月での解約が普通以上に大事ですね。

2.24ヶ月以内の解約は端末違約金が発生

クラウドモバイルでは24ヶ月以内の解約の場合、上で紹介した解約違約金とは別途で端末違約金が発生します。

▼端末違約金について

「24ヶ月以内の解約の場合、契約残月数×1600円」です。

そもそもの解約金も高いのに加えてこの端末違約金の存在もある。契約途中で解約する可能性が少しでもあるならクラウドモバイル以外のプロバイダを選んだ方が無難だといっていいでしょう。

3.最新端末が選べない

クラウドモバイルでは最新端末を選ぶことができません。

現在のモバイルルーターの最新端末は「W06」、ホームルーターの最新端末は「L02」ですが、クラウドモバイルでは一つ前のモデルである「W05」と「L01s」が最も新しい端末になります。

一つ前のモデルであれば必要十分なスペックはありますが、最新端末でWiMAX契約したい人は別のプロバイダを選びましょう。

4.auスマートバリューmineがない

クラウドモバイルは、auケータイの月額料金を割引する「auスマートバリューmine」がありません。

auスマートバリューmineを適用すればauケータイの月々の料金を最大1000円割引することができます。

auケータイを持っているならauスマートバリューmineが使える他のプロバイダを使った方が通信費トータルの金額でお得になるでしょう。

クラウドモバイルの評価

クラウドモバイルがおすすめできる

  • キャッシュバックの受け取りやすさ重視

クラウドモバイルの最大のメリットはキャッシュバックの受け取りやすさになるかと思います。

キャッシュバック型のプロバイダと契約したいけれども、キャッシュバック受取までの期間が長いと手続きを忘れてしまいそう・・・という人にはおすすめできます。

クラウドモバイルの詳細をみる

クラウドモバイルがおすすめできない

  • 通常プラン(7GB)で契約したい
  • 「最安」のプロバイダと契約したい
  • auケータイを持っている

クラウドモバイルは月額料金も比較的安価なプロバイダですが「最安のプロバイダ」ではありません。

最安を求めるならGMOとくとくBBを選びましょう。GMOとくとくBBは「キャッシュバック」と「月額料金割引」の2種類から好きな方を選べてどちらも最もお得なプロバイダとなっています。

また、auケータイの利用者もクラウドモバイル以外の他プロバイダを選ぶ方がいいでしょう。

他のプロバイダでは、auスマホとWiMAXをセットにすることで、auスマホの月額料金が最大1000円割引するauスマートバリューmineが使えます。これが使えるとWiMAXの月額料金の数百円単位の差は吹き飛ぶので、auユーザーならauスマートバリューmineがある他プロバイダを選んだ方がお得です。

GMOとくとくBBならauスマートバリューmineもあるのでその点からもGMOとくとくBBはおすすめ。

GMOとくとくBBのキャッシュバックの詳細をみる
GMOとくとくBBの月額料金割引の詳細をみる
*キャンペーンによってページが違うので注意

まとめ

WiMAXはプロバイダによって数万円の違いがでるサービスです。

色々と比較して自分に最適なプロバイダを選べるようにしましょう。

▼他に読まれている記事

-WiMAX, プロバイダ・販売店

Copyright© ギガブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.