WiMAX プロバイダ・販売店

Broad WiMAXの評判を検証!デメリットを正直に評価する

投稿日:

Broad WiMAXを契約したいけどネット上にある悪い評判が気になって踏ん切りがつかない方は多いのではないでしょうか。

たしかにBroad WiMAXは気をつけなければいけない点があります。しかし、ちゃんとデメリットと注意点を理解して契約するならおすすめできるプロバイダなのは間違いないですよ。

この記事ではBroad WiMAXの評判を検証した上で、メリットデメリットをまとめます。

BroadWiMAXで契約するべきか?の判断に役立つはず!ぜひ参考にしてください。

BroadWiMAXの悪い評判を検証

まずBroadwimaxの悪い評判が以下4つ。

  1. 初期費用が高い
  2. 速度が遅い
  3. サポートが悪い
  4. 解約金が高い

一つずつ徹底的に検証します。

1.初期費用が高い

Broad WiMAXは18857円の初期費用があります。他プロバイダの初期費用が事務手数料の3000円のみであることを考えると非常に高い。まあ、端末料金0円といいつつ初期費用で端末代金分の金額を取る魂胆なのだということは予想できますが・・・

この初期費用はサービス開始当初から「月額料金が安くても初期費用をいれると結局はたいして安くない!」と不評でした。

この反応を受けて反省したのか「初期費用無料キャンペーン」が展開されるようになり、現在ではこの初期費用は無料化できるようになっています。

「初期費用無料キャンペーン」のカンタンな適用条件をクリアすれば18857円は無料です。一旦、オプションに加入する必要はありますが、それもすぐに解除できる。

初期費用をクリアすれば「月額料金が安い」メリットだけが残るお得なプロバイダとなります。Broad WiMAXを契約するなら初期費用無料キャンペーンは必ず適用しよう!

初期費用無料キャンペーンの条件

初期費用を無料にする条件は下記のとおりです。

  1. Webフォームからのお申込み
  2. 支払い方法をクレジットカードにする
  3. オプション加入(安心サポート・My Broadサポート)

申込み時にオプションに入る必要がありますが、機器到着後すぐに無料解除できます。

2.速度が遅い

WiMAXはどのプロバイダを契約しても通信品質は同じです。なので速度が遅いのはプロバイダがBraod WiMAXであることが原因ではありません。Broad WiMAXで遅いなら他のどのプロバイダでも同じように遅い!!ということ。

WiMAXの通信速度は「ルーター性能」「場所」「時間帯」の3要素により影響を受けます。その中でもちゃんと電波が入る「場所」にいるかどうかは最重要ですよ。  WiMAXは室内や障害物に囲まれた場所だと電波入りにくこともありますからね・・・

▼室内で速度がでない不満

▼上と同じ方の口コミ。場所による速度の違いを嘆いてます。

WiMAXを使う上で電波が入るエリア内かどうか?は非常に重要です。壁の厚い室内や障害物の多い場所だと電波が入らないデットスポットがあったりするんですよ・・・

WiMAXは「電波さえ掴めれば」基本的には非常に高速な回線です。

▼通信速度の良い口コミ

WiMAXを使う上で電波が入るエリア内かどうか?は非常に重要。契約前のエリア測定は必ず行いましょう。

基本的によほど壁の厚い室内や障害物に囲まれた場所でなければ、ピンポイントエリア測定で「○」がでれば問題なく使えるはずです。もしエリア測定で不安があるならTryWiMAXのようなお試しサービスで実際に試すといいですね。

通信速度について理解を深めたい方は通信速度について詳しくまとめた記事も読んでみてください。

3.サポートが悪い

BroadWiMAXのサポートは正直のところ評判がよくありません(笑)とくに問い合わせの電話が繋がらないという不満が多い。

▼サポートに電話かけて10分待ち

待ち時間が長いということは問い合わせに対してオペレーターの数が足りてないんでしょう。ちょっとサポート体制が貧弱なのかもしれないですね。

▼以下はサポートセンターの待ち時間に対する公式の回答。

お客さんの方が問い合わせタイミングを気遣わないといけないというのはちょっとな・・・という感じはあります。でもこの点を飲み込んで契約するなら文句を言っても仕方ないので、比較的繋がりやすい平日の13から16時にかけるなどで対処しましょう。

オポレーターの対応は電話に出たオペレーターの技量で大きく作用されるので「良い悪い」の判断は非常に難しいところではあります。どのプロバイダでもそうですが「悪い評判」と「良い評判」の両方がありました。

▼オペレーター対応に不満

▼オペレーター対応に満足

僕も色々と調べるにあたってBroadWiMAXに電話問い合わせしてみましたが、サクサク答えてもらえたので良い印象を持ちました。

ただBroadWiMAXのサポートについての意見を総合すると、BroadWiMAXのサポートは初心者に優しいという感じではないようです。サポートに満足している方の多くは自分で色々と調べられる「情強型の人」が多かった。

初心者にも優しいサポートを重視するならサポート体制に力を入れているプロバイダを選ぶのも手ですね。このへんは自分がどの要素を重視するかで決めましょう。

ちなみに僕のプロバイダ選びの基準はサポートより月額料などの純粋な損得です。

長年WiMAX使ってますけどほとんどトラブルがないので問い合わせること自体がめったにないからです。年に1回もないので「初心者に優しいサポート」とかよりお得な方がいい。

4.解約金が高い

WiMAXのどのプロバイダでも更新月に解約しないと解約金がかかります。なので解約金がかかること自体はおかしなことではありませんし、解約金の金額自体は他のプロバイダと変わりません。

しかし、Broad WiMAXの場合「キャンペーン違約金」という解約金に+αされるペナルティがあります。これが解約金が高いとされる原因ですね。

キャンペーン違約金とは

キャンペーン違約金は9500円。申込み時に「初期費用無料キャンペーン」を適用した方が対象となる違約金です。24ヶ月以内の解約の際に発生します。

【例】Broad WiMAXでの20ヶ月での解約
14,000円(解約金)+9500円(キャンペーン違約金)=23500円が発生

Broad WiMAXの利用時には「初期費用無料キャンペーン」の利用は必須なので基本的にほぼ対象者になると考えていいでしょう。

対処法はちゃんと契約年数使うというシンプルなものです。WiMAXはどのプロバイダでも途中解約には解約金がかかるため契約年数いっぱい使うのが基本的な使い方です。

普通に使えばリスクはないので契約年数ちゃんと使う方にはデメリットにはなりません。

BroadWiMAXの良い評判

悪い評判を紹介してきましたが、BroadWiMAXは人気のプロバイダです。もちろん良い評判も数多くあります。

良い評判は比較や契約するかの判断にはあまり役立たないので少しだけ紹介します。

毎月100GB使えて速度制限気にならず

 WiMAXの最大の魅力の一つは月の通信量に制限がないこと!

この方はブロガーなのでネット通信が命のはず。Broad WiMAXで大量にデータ通信も問題なく捌けてるようですね。

キャッシュバックより月額料金が安い方がいい

Broad WiMAXはキャッシュバックより月額料金を安くして!という方に支持されています。

キャッシュバックはその受け取り手続きに手間がかかったり、タイミングを間違うと貰い損なうこともあります。

貰えるかわからない将来のメリットより月々のランニングコストを抑えたい!という方にはBroadWiMAXがぴったりはまる。

BroadWiMAXのデメリット・注意点

BroadWiMAXのデメリットと注意点を紹介します。上で書いた内容との重複もありますが大切なので再確認しましょう。

総額だと最安じゃない

Broad WiMAXは確かに月額料金が安いプロバイダです。

しかし、キャッシュバックも含んだ「契約期間の総額」で計算すると一番お得なのはGMOとくとくBBとなります。

プロバイダ 事務手数料 月額料(ギガ放題) キャッシュバック 総額
GMOとくとくBB 3000円 【1〜2ヶ月】3609×2
【3〜36ヶ月】4364×34
34000 121194円
Broad WiMAX 3000円 【1〜2ヶ月】2726×2
【3〜24ヶ月】3411×2
【25〜36ヶ月】4011×12
0 131626円

GMOとくとくBBの月々の料金はBroad WiMAXより高いのですが、キャッシュバックが高額なので総合的に見るとBroad WiMAXよりお得になります。

ただGMOとくとくBBのキャッシュバックは手続きが面倒で受け取り損なう人も少なくありません。そのためシンプルに月々の料金が安いBroad WiMAXを好む人も多いというわけです。

2年が契約しかない(3年プランのみ)

Broad WiMAXは2年プランの契約がありません。

ギガ放題も7GBプランも3年契約のみとなっています。最近は少なくなっているとはいえ2年と3年を選べるプロバイダもあることを考えるとこの点はデメリット。

どうしても2年プランがいいなら別プロバイダを選びましょう。

24ヶ月以内の解約は解約金が高い

上にも書いたように「初期費用無料キャンペーン」で申込むと24ヶ月以内の解約には「キャンペーン違約金」9500円が発生します。

Broad WiMAXを契約する時は「初期費用無料キャンペーン」は必須です。

短い期間で解約する可能性がある方はこの点も頭に入れた上で判断しましょう。

Broad WiMAXのメリット

Broad WiMAXのメリットを整理します。

月額料金が安い

Broad WiMAXは「月額料金が安い」のが特徴です。

プロバイダ名 UQ WiMAX とくとくBB Broad WiMAX
1〜2ヶ月 3696円 3609円 2726円
3〜24ヶ月 4380円 4263円 3411円
25〜36ヶ月 4380円 4263円 4011円

大元のUQ WiMAXと比べてもだいぶ安いですね。月々のランニングコストを抑えたいならBroad WiMAXは非常におすすめ。

機器をすぐに受け取れる

Broad WiMAXは申込みから短期間で利用開始できます。機器の「即日発送」に対応したプロバイダなので機器到着までが短い期間で済むためです。

店舗がある首都圏だけの選択肢ですが「店舗での当日受け取り」もやっているため、店舗まで聞きを受け取り行けば申込日の当日から利用開始することもできます。

他社からの乗り換えなら違約金の補償がある

他のプロバイダからの乗り換え時に解約金を補償してくれるキャンペーンもやっています。現在、他プロバイダで WiMAXを契約している方向けのサービスです。

このキャンペンを使えば他プロバイダの更新月以外でも解約金を気にせず乗り換えできます。

Broad WiMAXより月額料金が高いプロバイダから乗り換えれば翌月からすぐに通信費を削減できていいですね。

まとめ

Brod WiMAXのメリットデメリットを簡単にまとめます。

メリット

  • 月額料金が安い
  • 機器受け取りが早い(当日・即日発送あり)
  • 他社から乗り換えができる

デメリット

  • 総額だと最安ではない
  • 2年契約しかない
  • 24ヶ月以内の解約金が高い

月額料金を抑えたい方とかキャッシュバック受け取りが面倒くさいと感じる方には最もおすすめできるプロバイダです。

-WiMAX, プロバイダ・販売店

Copyright© ギガブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.